« 2006年2月 | トップページ

2006年3月 4日 (土)

南大江駅24

b01-0127 PICT5497a

第一話だけで流れたエンディングの一こまです。
「世界の・・・」と同じ手法が取られていたので
最初に見た時は「えーーっ」と私も思いました(^^;。
でも最後につないだ手が放れてしまうあたりは
この映像にも色々な意味が含まれていそうです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

南大江駅23

b01-0125 PICT5512a

学生服姿の亮司を見ると、ついついテレビを見て
「サクちゃん」と呼んでしまう私です(^^;。
本人はもう22歳で学生服は恥ずかしいとテレビで
答えていましたが、まだまだ大丈夫だと私は思います。
雪穂も太鼓判押してました(^^;。
私もあのころに戻ってみたい・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

南大江駅22

b01-0121 PICT5495a

雪穂が乗った電車を見送り、そして物語の舞台が
6年後に切り替わるシーンです。

b01-0121a PICT5497a

b01-0120 b01-0122 PICT5490a

ちょっと順不同になってますが、この二人のカットは
全く同じように撮られているので並べてみました。
相変わらずレンズの広角側が足りないので
左部分が完全には写っていません。

亮司を照らす白夜のような低い太陽が
とても印象的なシーンでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

南大江駅21

b01-0115 PICT5538a

「行って・・・、もう暗くなるから。」
雪穂は涙を流しながら非情な言葉を口にします。

「いつの間にか、俺たちの上に太陽はなかった。」

「他人でいること以外、おまえに出来ることは
もう何もないんだと、笑われてる気がした。」

雪ちゃんのことを太陽だと思っていたいのに
もう普通に接することは出来ないのだと
空を見上げて見つめる亮司。

悲しい別れでしたが、太陽を模した切り抜きを
雪穂に渡すことが出来て、少しホッとさせられました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

南大江駅20

b01-0109 PICT5504a

トリノのおかげで一週間のご無沙汰でした(^^;。

ギリギリのところで雪穂を引き留めることが出来た亮司。
肩で息をしながら、「待って・・・、」
あまりにも急いで走ったため、次の言葉が出るまで
呼吸を落ち着けるのに時間がかかっています。

ここのシーン、記事を上げるのにちょっと久しぶりに見て
いるのですが、最初からすごいと思っていた子役の二人
の演技。改めて言わなくてもいいかもしれませんが、
やっぱりすごい(^^;。
純粋でストレートな二人の気持ちが痛いほど伝わって
くるいいシーンです。物語はもう終盤にかかって来て
いますが、このストーリーのすべての原点である第一話
の2時間。もう一回この一話から通して見てみたいと
思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ