« 松崎から見る夢島 | トップページ | バラビさん「松崎町の旅」連載です »

2007年11月 1日 (木)

亜紀の家

Pict4144p

外国人のバラビさんから
「亜紀の家」の場所が分からなかったとのお話しを伺いましたので、
地図で解説させていただきます。

ただ、もちろんここは普通の民家です。
ドラマとはまったく関係のない普通の方が
実際に暮らしておられます。

近くまでいって眺めるのはもちろん大丈夫だと思いますが、
絶対に門から中に入ったり、長時間
家のそばに居座ったりはしないようお願いいたします。

上記、地図上の中心部に亜紀の家があります。

左上の「-」を押すと縮尺が変化して全体が分かりやすくなります。

右上の「A」を押すと、アトラスのサイトに飛んで
大きな地図が確認出来ますので、さらに分かりやすくなると思います。

松崎の中心部からは2~3kmはありますので
徒歩だと30分以上は必要です。
自転車が借りられればラクチンです(^^)。

地図の中央を走る県道15号線は歩道がないところも
たくさんありますので、十分注意してください。

あとは、地元の方々にご迷惑にならないよう
くれぐれも節度ある行動をお願いいたします。

|

« 松崎から見る夢島 | トップページ | バラビさん「松崎町の旅」連載です »

その他」カテゴリの記事

コメント

roadraceさん、久々です!
外国の方が、日本のドラマ、セカチューを愛して頂けいたなんて……

素晴らしいですね!!

しかも、あちしより日本語が上手い!バカ丸出し(爆)

ロケ地まで訪れてくれるとは、かなり嬉しい限りですよね!


亜紀の家の場所が分からなかったと…


roadraceさんの説明と、やさしさにまた感激致しました♪

まだ、逢えずにいますが…いつの日か、語り合いましょう!(BIKEの話をしまくりだったりして…(笑)) バラビさん、日本のドラマ『世界の中心で愛をさけぶ』好きになってくれて、日本を訪れてくれてありがとう!

投稿: XJ | 2007年11月 7日 (水) 05時03分

XJさん、始めましてどうぞよろしくお願い致します。海外のバラビです。
RoadRaceさんは亜紀の家の資料をアップロードして頂いて私の心から本当に感激です。
私と家内は最初「世界の中心で愛をさけぶ」映画版を見ましたが、あまり悲しい感じがなかった、でも日本の友達が「世界の中心で愛をさけぶ」ドラマを見てください、きみは絶対泣いちゃうよと言っていました。私は「本当に??」と言ってた。私は日本に注文してDVD-Boxもらって、家内と一緒に見て,本当に泣いちゃった、結局2回、3回、何回も見ても泣いちゃった。(ちょっと恥ずかしい)。家内がそのときから山田孝之さんを好きになりました。私も山田孝之の演技が好きになった。
先月松崎町いくのは実はずっと前から行きたいですが、こっちからけっこ遠いです、いろいろ(東京から松崎町へ移動)とか、外国人の私たちにとってはすごく難しくて不可能みたい。特にホテル予約とか…でもインタネットで「世界中」が好きな人々が一杯居ますので、たくさんの情報を見つけました、今回私たちは松崎町へ行けるのは実際皆様のお陰でと思います。
多分皆様もわかると思います、牛原山と亜紀の家とか松崎高校の間に距離がある、私は自転車を乗れるけど家内はだめです、なので毎日歩いて、歩いて、凄い疲れた。
ちょっと、長い文書を書いて、たくさん文法も間違ったし、文書は硬いし、読むの皆様にとっては見つらいはずです、本当に申し訳御座いません。
私はこれから時々RoadRace様のBlogに遊びにきます、よろしくお願い致します。皆様はお大事に!

投稿: バラビ | 2007年11月 7日 (水) 23時03分

●XJさん
お久しぶりです(^^)。コメントありがとうございます。
こうして海外の方からもコメントを頂けて嬉しい限りです(^^)。

そして本当に海外から松崎に実際に行かれるとは、
このドラマの凄さをあらためて思い知らされます(^^;。

亜紀の家に関しては、本当に普通の民家ですし、
松崎のロケ地探しの中では、少し難易度は高い方かもしれません。
普通の民家だからこそ、本当はあんまり地図を載せない方がいいのかも、と
少し迷いました(^^;。

●バラビさん
映画まで見てましたか(^^;。本当に「日本通」の方ですね(^^)。

まあ、これだけ日本語でコメントを残される方なので、ある意味当然なんでしょうが、正直驚きです(^^)。

私もドラマを何度も繰り返し見て、何度も何度も涙を流してますよ(^^;。
主役の2人の演技は本当に素晴らしいですし、脇を固める役者さんたちも見事です。

同じ日本人でも、なかなか行きたいと思っていても、松崎に行けない人がたくさんいます。
でも海外から松崎に行くバラビさんの事を考えれば、私でさえ、ちょっとそこまでの感覚ですよね(^^;。
その行動力と熱意には感服いたします。

日本の文法はそんなに間違っていないですよ。
むしろ自分の方がへんな書き方してるかもしれません(^^;。
バラビさんの文章には「情熱」を感じます。

今となっては、なかなか更新がないこのブログですが、
新しい記事が出来たら是非、遊びに来てください(^^)。

投稿: roadrace | 2007年11月11日 (日) 01時40分

●RoadRaceさん
こんにちは、今日松崎町の旅写真をアップロードしました(ちょっと多いですけど)よろしかったらみてください。ちょっと下手な写真を撮りましたけど...あっ、Download期限は11月14日まです、もしRoadRaceさんが気になるの写真がありましたら是非使ってください、よろしくお願いします。

コメント有難う御座いました、実は私の日本語は下手なんですけど行きたい場所はわからない時地元の人々を聞く事は大丈夫だと思います、それ以上は無理です。
「世界の中心で愛をさけぶ」はこっちに映画とドラマも放送されましたが私と家内はDVDだけを見ました、やはりドラマの方が好きです、でもこっちに人々があまり感じされていませんもいるし(多分日本に住んでいないとか日本人の伝統文化と習慣がわかっていないかな~)。RoadRaceさんのブログにコメントを書く時ちょっと緊張しました(自分の日本語の能力があまり上手ではないので、もし誰かに失礼な事がありましたら困ってると思っています)。将来的に時々RoadRaceさんのブログに遊びに来ます、皆様これからよろしくお願い致します。

投稿: バラビ | 2007年11月11日 (日) 18時02分

バラビさん、たくさんの写真、本当にありがとうございました。
えっ、こんな所まで撮ったの?と思えるくらいマニアックな路地も
写してあって、ちょっと驚きました(^^;。

もう既に、バラビさんの記事として載せてしまいましたが、
最後のホテルから撮った海の夜景は素晴らしいですね。
私もこんな写真が撮りたいと思いました(^^)。

自分にとっては外国の、しかも馴れない言語でコメントを書く。
やっぱり私でも緊張するでしょうね(^^;。
でもバラビさんの文章、もちろんちょっとわかりにくい所、
間違っているところはありますが、
不快な所は全くありませんし、大丈夫ですよ(^^)。

記事の第2弾、お待ちしています。

投稿: roadrace | 2007年11月13日 (火) 01時29分

RoadRaceさん、
記事第一弾をアップしてくださって有り難う御座いました。
色んなロケの写真は元もRoadRaceさんの資料を参考したのことです。
海の夜景はShutterスピードは15秒で使いました。
やはり、私の日本語の能力はまだまだですね、そのことが気が付いた。
だから、皆様は私書いた分かりにくいと文法が違うの記事を読んでもらってすごく大変だと思います、皆様は本当に「申し訳御座いませんでした」
第二弾の記事はRoadRaceさんに送りました、届きましたか?

投稿: バラビ | 2007年11月14日 (水) 11時26分

バラビさん、力作、本当にありがとうございました。
同時にたくさんの写真を拝見し、感動しています(^^)。

夜の写真、15秒の長時間露出で、海の表面が
とてもキレイです。本当に美しいですね(^^)。

第2弾の記事と写真、確かに頂きました。
先ほどアップいたしましたので、ご確認下さい(^^)。

投稿: roadrace | 2007年11月15日 (木) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/16938420

この記事へのトラックバック一覧です: 亜紀の家:

« 松崎から見る夢島 | トップページ | バラビさん「松崎町の旅」連載です »