« TERUMOの松崎 | トップページ | メイキングドキュメンタリー1 »

2007年5月 7日 (月)

7度目の松崎 4

7度目の松崎に行ってから、はや2ヶ月(^^;。
話のネタとしてはもうカビが生えてきそうなんですが、
まだ一日目の途中までしかいってないので続けさせて頂きます。

そんなこと言って実は去年の松崎ツーリングも完結させていないんですが、
虎馬さんの松崎レポを見させられて、また松崎に行きたくなってウズウズしています。

Pict4147p

お腹がふくれた後、サクリンさんに誘われてやってきたのは
重要文化財である岩科学校。

Pict4160p

ここには松崎の古い資料がたくさん展示してあって、
ほとんど松崎歴史資料館といった感じです。

この写真は明治時代の、ちょうど梶寅旅館の前で、瀬崎神社らしきもの、
そしてあの松の木同じように生えてます(^^)。

Pict4171p

入江長八の作品も見ることが出来ます。

Pict4172p

そしてここではお土産屋さんでお茶を頂くことが出来ます。
サクリンさんはシソが苦手だそうで、桜葉餅は食べれないそうです。
こんなにおいしいものが食べれないなんて・・・(^^;。

Pict4173p

岩科学校からすぐ近くの山口地区。ここにはあの木の橋があります。

んっ?なにかが違う。あれほど見慣れた木の橋にちょっと違和感を感じます。

Pict4174p

そう、どうやら補修工事がされたようで部分部分が違う色になっていて
全体の色もかなり暗めの茶色に塗装されたようです。

Pict4181p

これはこれでなかなか味があるかもしれません。
木の橋ですから、朽ち果ててしまったら大変ですものね。

Pict4183p

黄色い屋根がとても印象的な建物です(^^)。

Pict4190p

最後に松崎マリーナに寄り道。

Pict4194p

昨日の深夜からぶっ通しなので、ちょっと時間は早いですが
サクリンさんと別れて宿に戻りました。
久しぶりの豊崎ホテルです。

Pict4195p

前日に予約を取ったのに、頂いた部屋は3Fの海側の部屋でした(^^)。
一人っきりで泊まるのはそういえば初めてです。
一人だと安い宿賃が1000円だけ上がります(^^;。

Pict4202p

もう私にとってはおなじみの民芸茶房のおまかせコース(^^)。
タップリと出る地魚のフルコースに満腹です!

Pict4205p

このまま寝るのはもったいないので夜の散策に出かけた訳なんですが、

Pict4209p

町中と海岸沿いをちょっとウロウロしただけで、さすがに疲れがピークに。
明日は夜明けの牛原山に行こうとサクリンさんと約束しています。
朝の5時半ですから早く寝ないと・・・。

Pict4220p

携帯のめざましをかけてはいたのですが、なんとこの時
マナーモードにしていたのをすっかり忘れていました!
起きたらなんと8時半!!大寝坊です(^^;。
すぐにサクリンさんに電話をかけ、謝りましたm(_ _)m。
やはりかみさんという人間目覚ましがいないとダメな私です・・・

サクリンさんは一人で行くのは怖いといっていた夜明けの牛原山へ行ったそうで、
残念ながら太陽が顔を覗かせてはくれなかったようで、ますます申し訳なくて・・・。
サクリンさん、本当にすみませんでしたm(_ _)m。

Pict4226p

昨日も来ましたが、ここはサクリンさんもしっかり見たことがないとのことだったので
宇久須の漁港にやってきました。天気が良ければ良かったのですが、もうドン曇りで(^^;。
でもメイキングのロケ検証がしっかり出来ました(^^)。

Pict4263p

お昼ご飯ははーちゃんと待ち合わせです。最初はサクリンさんが迎えに行く予定だったそうですが、どうやら下田からレンタカーを借りて来るとのこと。それまでちょっとサクリンさんとは別行動にして、町中のいってみたかった場所に行くことにしました。
アナザーレターに出てくるあのお菓子屋さんです。
サクリンさんに教えて頂いてようやく場所が分かりました(^^)。
「伊豆国松崎」っていうのが渋いです(^^;。

Pict4266p

汐が引いていたので、河原に降りてみました(^^)。

Pict4269p

河原から見上げてみると、火の見櫓がますます大きく見えます。

Pict4289p

エンディングに出てくる路地です。わかりますか?

Pict4290p

この路地の途中に松崎で有名なうなぎ屋さんがあります(^^)。
まだ食べたことはありません。

Pict4291p

そしてこの路地の突き当たりに消火栓がある訳なんですが、この隣が
あの「永楽堂」さんなんですね(^^)。

Pict4293p

はーちゃんとの待ち合わせ場所、コービスへとやってきました!
はーちゃんはいつもの緑色でしたが、車のヴィッツは微妙に違う色でした(^^;。
伊豆在住のTakuさんもこの時は仕事を抜けて遊びに来てくれました。

Pict4292p

以前ここではビーンズカレーでちょっと失敗しました。
あまり好みのメニューがなかったのですが、悩んだあげくに頼んだB.L.Tサンド。
これは本当になかなかのお味でした(^^)。オススメです。

|

« TERUMOの松崎 | トップページ | メイキングドキュメンタリー1 »

7度目の松崎」カテゴリの記事

コメント

何か懐かしい松崎の数々の風景ですね。♪(^o^)v
虎馬さんとこの写真やroadraceさんの写真を見ているとますます行きたくなりました。(ノ_・。)

ちょっと天気が悪いようですが、あの時のroadraceさんやサクリンさんやTakuさんの笑顔が浮かんできました。o(^▽^)o

わたしもあちこち松崎の町を散策しましたが、路地までは行ったことがありません・・・。。(,,-_-)・・・。
次回にはのんびりと路地裏散策してみたいと思いますね。(*^▽^*)

来月、アジサイの丘でお会いいたしましょう。( ̄0 ̄)/ オォー!!

投稿: はーちゃん | 2007年5月 7日 (月) 08時09分

>マナーモードにしていたのをすっかり忘れていました!
これ。。。やっちゃうんですよね~(^^)
目覚めた時間が、起きようとした時間と
あまりにもかけ離れていますと焦るのを通り越して
なんか笑ってしまう私です(^^ゞ
でも、今回はサクリンさんと待ち合わせをされていた様ですので
この場合は、roadraceさんもかなり焦ってしまった事でしょう。
サクリンさん!  roadraceさんをお許し下され~m(__)m

投稿: ふなむし | 2007年5月 8日 (火) 00時09分

おっ、久々の更新ですね!!
でもあれから2ヶ月がっ経ったのですね。
ついこの前のような気がしています。
この時の松崎訪問は、初めて松崎を訪れたときと同じくらい
感動し、楽しかったですよ!!
一人思いに耽りながら街を歩くのも良いですが、お仲間と
ワイワイ言いながら練り歩くのもまた違った楽しみがありますね。

寝坊の件は、コロッケパンで手を打ちましょう・・・

先日ツーリング(会社の連中5人と)でわずかな時間でしたが
松崎を通りました。
でも瀬崎神社のところまで駐車車両がぎっしり・・・
大阪の違法駐車並みでした・・・

6月皆様と会えることを楽しみにしています!!

投稿: サクリン | 2007年5月 8日 (火) 07時52分

roadraceさん、先日は松崎の謎に付き合ってくださってありがとうございます。結局なぞは解けずじまいでしたが、あれやこれや妄想するだけで、楽しかったです。

6月にきっとはーちゃんが検証してきてくれると信じております!

ところで、最新の「木の橋」映像、ババーンとありがとうございます。
変わったといいながら、いまいちよく分からなかったのですが、こちらの写真でよくわかりました。マニアにはたまらないアングル。

民芸茶房も昨年興味を引かれたのですが、こんなおいしそうなものがいただけたのですね...。松崎再訪はしばらく後になりそうですが、写真で堪能させていただきました。

投稿: balineko | 2007年5月 8日 (火) 19時40分

roadraceさん こんばんは^^
寝坊・・・やっちゃったんですね~
サクリンさんには本当に気の毒だけど
兵庫からの運転の疲れも相当なものだったんでしょう(^^;)
これって超あせりますよね(笑)

岩科学校・・・苦い思い出があります^^
こいでもこいでも前に進まない自転車・・・
はーちゃん&せとくぼさんと一緒に頑張りました(笑)
でも、ここの建物 すごく印象に残っています^^

木の橋は補修工事のことだったんですね。
所々色が変わっているのはわかっていましたが
どこか形が違ってしまったのか心配していました。
やっと謎が解けた感じでホッとしています^^

豊崎ホテルも懐かしい^^
松崎で最初に泊まった宿です。
あの時はめちゃくちゃ酔っ払ったおじさんがいました(笑)
民芸茶房の夕飯はすごく美味しかったです。
ああ・・・もう一度あのエビフライが食べたい^^

いつものことながら・・・
roadraceさんの写真を見せられると
松崎が恋しくなります。
約1ヵ月後が楽しみです^^

投稿: Nob | 2007年5月 8日 (火) 22時19分

木の橋。

こんな風に撮りたかったんです。

roadrace さんの写真は どーしてこんなに質感があるんでしょう?


やぐらも E感じです!

潮が引かないと 撮れないアングルですね


ふたりで 「ヤグラー」って名乗りませんか?^^

投稿: 虎馬 | 2007年5月 8日 (火) 23時20分

●はーちゃん
私も虎馬さんやJunkさんの写真を見て、どんどん盛り上がっています(^^;。そう、この時ははーちゃんが来るまで天気が悪くて、ちょっと気持ちもどんよりしてました。でもコービスで4人揃った時は、いろいろとお話も出来て楽しかったです(^^)。

是非、今度は路地裏散策もしてみましょう。紫陽花の季節にあの丘でお会いできると嬉しいです(^^)。

●ふなむしさん
ちょうど民芸茶房で夕食をとる頃、メールのやり取りをしていて、この時にマナーモードにしっぱなしだったんですよ。んで、そのまま部屋に帰り次第爆睡してしまって、かみさんからの電話にも全然気が付かなくて、翌朝、電話をかけたら案の定、怒ってました(^^;。
サクリンさんは優しいから、怒ったりはされなかったのですが、本当に申し訳ない事をしてしまいました。この償いは・・・(^^;。

●サクリンさん
そう、あの松崎からもう2ヶ月が経とうとしています(^^;。はやいですね~。松崎マイスターのサクリンさんからは色々と貴重な情報も聞けて、とてもためになりましたし、なんにせよ、いろいろと共通の話題が多くてとても楽しかったです(^^)。

寝坊の件はコロッケパンにプラスしてお昼ご飯もごちそうさせてくださいm(_ _)m。

松崎へのツーリング、現地からの画像入りメール、ありがとうございました。GW中はやはり混雑するようで、やはり平日に限りますね(^^)。
6月はみなさまとご一緒できるかちょっと不透明なんですが、必ず行きたいと思っています。

●balinekoさん
あの2体の彫刻は確かに謎です(^^;。

例の木の橋、お分かりになりましたか?
写真だとちょっとわかりにくいかもしれませんが、継ぎ接ぎになってる明るい木材の部分がかなり目立つんですよ。私もかなり違和感を感じましたが、私以上にサクリンさんはかなり動揺していました。
木の橋マニアのbalinekoさんにも是非一度現地でご覧頂きたいと思います(^^)。

民芸茶房は私の中ではかなりレベル高いです!
一番お手軽なのは干物定食ですが、これがまたいけます(^^)。

●Nobさん
夜は強いんですが、朝が弱いんです(^^;。
言い訳なんですが、私、松崎であんなにのんびり寝たことありませんでした。夜は深夜徘徊、朝は早朝に牛原山が当たり前の行動パターンでしたから、この時は結局10時間以上睡眠を取ったんです。未だかつてないことでした(^^;。

Nobさんは強風の中、岩科まで自転車で漕いできたんですよね。本当にこの時は大変だったと思います。私はとても真似できません(^^;。
あの木の橋は、今こそちょっと色の違いが目立ちますが、風雨にさらされるうちにまた気にならなくなってくると思います。瀬崎神社の塗装も最初の内はきれいすぎて違和感を感じたものですが、もう既にいい感じになってますもんね(^^)。

松崎・・・、すぐにでも行きたいですね。でもせめて6月にはなんとかスケジュールをとって必ず行きたいと思います(^^)。

●虎馬さん
木の橋の写真、私は虎馬さんの写真にも感銘を受けましたよ(^^)。
そしてJunkさんの写真も素晴らしかった!
お二人の写真にはいろいろと刺激を受けました。
だからこの記事を作らずにはいられなくなりました(^^;。

櫓の写真はちょっと虎馬さんに対抗してみました(^^)。
でもちょっと負けてます。

虎馬さん、今度将棋しましょう!
戦法はもちろん「相ヤグラー」(^^;。

投稿: roadrace | 2007年5月 9日 (水) 01時34分

松崎〜!!(亜紀〜!風・笑)一度しか行けてないから知らないトコが沢山あります(^^)v木の橋…修復ですか?あの下の川にいる魚が気になります(笑)                          六月は多分ムリだろーなー・・・roadraceさんと逢える日を楽しみに・・松崎をまたいつの日か(^ .^)y-~~~

投稿: XJ | 2007年5月11日 (金) 04時35分

XJさん、セカチューのロケ地巡りは奥が深いですよ~。
だから一度行っただけではもの足りずに何度も行ってしまいます。

橋の下を覗くとフナやコイがたくさん泳いでいます。
水がきれいなのか、いたるところにウヨウヨいます(^^;。

6月は無理ですか?私もまだどうなるか分かりませんが、
きっといつかお会いできるでしょう(^^)。

投稿: roadrace | 2007年5月13日 (日) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/14966844

この記事へのトラックバック一覧です: 7度目の松崎 4:

« TERUMOの松崎 | トップページ | メイキングドキュメンタリー1 »