« 月崎、そして沖の島、浮島へ | トップページ | 剱埼からの浮島 »

2006年12月15日 (金)

浮島のあれこれ

もう半月前ほどの話になります。

ほとんど雪の降らない地方で育ったせいか私は非常に寒がりです。今年は昨年とは違い、やや暖冬傾向なのでちょっぴり楽してますが、どちらにせよ寒い冬は必ずやってきます。
11月29日、もう12月は目の前です。オートバイで遠出するのもそろそろ限界です(^^;。
エセハネウマライダーと呼んで下さい。最近では通勤もほとんど車になってしまいました。

そういうわけで、この日はおひがらも良く、気温も高めで、おまけに相棒も仕事で出勤して、私ひとり。もう家でじっとしている理由はありません(^^)。

この日はちょっと南房総方面に行ってみたかった場所があり、必然的に館山に真っ直ぐ向かう道のりとなり、それじゃあせっかくだからというわけで、ここに来ちゃいました(^^;。

Pict2206p

夢島です(^^)。

Pict2174p

どっからどう見ても夢島です(^^;。
でも何度見てもいいもんです。
この角度から見る浮島はちょうど水平線上に浮かんでいるように見えます。
この遠さ加減がなんともいえません。

P1060060p_1

双眼鏡で覗いても島の詳しい様子はほとんど分かりません。
ちょうど日光が島の真上に位置しているせいもあると思います。
でもそのおかげで海面の反射がとてもきれいです。
島のシルエットだけがくっきりと見えて、まるで光の中に浮かんでいるようなとても不思議な光景でした。

Pict2194p

ちょっとTOYOTAのCM風に撮ってみました(^^)。
前回はかなりの曇天でしたから、今回はCMの雰囲気にかなり近かったですね。

Pict2201p

濡れた海岸の岩肌というのは本当に滑りやすいです。
実は前回沖の島に行った時もNobさんの目の前で転んでレンズを岩にぶつけてしまい、ズーミング中に引っかかりを作ってしまったのですが、学習能力がないのか、ただのアホなのか、またもやここで滑って転んでしまいカメラ本体を傷つけてしまいました・・・。幸い壊れてはいないようだったので良かったのですが、とっさに着いた片足には波がざぶーんとかかり・・・(^^;。

Pict2214p

・・・そろそろ本題に入ります(^^;。
今回ついでに立ち寄った野島埼灯台。
房総最南端にある、歴史ある灯台です。地理的特徴から水平線における日の出と日の入りが楽しめるある意味ちょっと珍しい場所だそうです。
以前ここに来た時はもう夕方で灯台に登ることが出来なかったので、今回は灯台に登り、資料館などを見物してきた訳なんです。
ここで知り得たちょっと興味深い話。
それはあの浮島にも灯台があるという事実。
ま、別にもうドラマとは全く関係のない話ではあるんですが(^^;
気になり出すと止まらないので、せっかくならば見てみたいものです。

Pict2299p

すっかり日も短くなり、まだ4時なんですがもうこんな暗さです。
ちょうど館山の州崎を通って東へと沖の島へ向かう途中、ふとバックミラーを見ます。
するとそこには鮮やかな夕日に照らされた空一面を覆うようなうろこ雲。
思わず道路脇にスカブーを停めて、振り返った私は写真を撮ります。

Pict2300p

そして海岸側、北のソラはちょっと暗くてもの悲しい雰囲気。
複雑な表情を見せるソラや鳥たち。そして時折飛んでいく海自のヘリコプターを眺めながら海の向こうに見える細く伸びた陸地を見ながらふと思いつきました。

沖の島から見る雰囲気によく似てる。・・・けど少しだけ違う。
地図をよく見ると分かりますが、沖の島から浮島を直接見ることは出来ません。
ちょうど大房岬が邪魔をする格好になっている訳なんですが、
この場所なら・・・、ひょっとして・・・。

Pict2312p

理屈からいえばこのあたりからは直接浮島が見えるはずです。

地図で確認したあと、早速双眼鏡を取り出してそれらしき場所を目を皿のようにして探しました。

あ、ありました!あの形はまさに浮島。間違いありません!
今度はトランクから400mmを取り出しα-7に取り付けて撮影してみます。

Pict2305p

もうかなりの暗さで条件が悪く、写りも悪かったのですが、
こうして写真を加工してみると島の様子がなんとなく分かります。
それにほら、ちょうど島の真ん中水面近くに黒くなった場所が何カ所かあります。
もちろんこれは現地ではまったく気が付かず、最近この画像を加工して分かったのですが

541

「ああっ、洞くつっ! フフッ♪」
もしかしたらこれじゃないかと思ったんです。
いや、そうだったらいいんじゃないかと思っているだけです(^^;。

Pict2323p

そうこうしてるうちに、雲が切れて浮島に夕日が当たるようになってきました。
今度はレンズにx1.4のテレコンを取り付け、さらに大きく浮島に迫ってみました。
バックに見える山影はおそらくioさんが登った鋸山です(^^)。
この写真ももちろん加工してあるんですが、光が当たってくれたおかげで先ほどの写真より少しだけ島のディテールが分かります。そして、島の上部には白い建造物らしきものが写っています。これがもしかして灯台なのではないでしょうか?

Pict2378p

時間も既に5時半を回りました。
当然の様に鋸南の勝山に立ち寄りました。
もうあたりには人工の光もほとんどなく、月明かりもない状態なので肉眼でさえもかすかに島影が見える程度。でも島の上部には定期的に光る、まさに灯台の光を見ることが出来ました。

浮島には灯台があったのです(^^)。

おまけに島にあるあの桟橋付近に妖しい光を発見!

Pict2380p

真っ暗闇の中にうっすらと見える夢島。
暗闇に周期的に灯台の明かりがかすかに光るだけで
もう本当に辺りが暗すぎて、見てるだけでは辛すぎです(^^;。
でもこうして写真に撮るとまた違った夢島が見れたようで
ちょっと幸せな気分になりました(^^)。

|

« 月崎、そして沖の島、浮島へ | トップページ | 剱埼からの浮島 »

千葉のロケ地」カテゴリの記事

コメント

roadrace さん

夢島灯台の発見は

吉村教授の遺跡より驚き 感激です。

夕日に染まる 夢島。

ここで 生姜湯が出てきたら 壊れます^^

いつか 島から町の夕暮れ 見たいですね。

投稿: 虎馬 | 2006年12月15日 (金) 09時31分

roadraceさん おはようございます!
投稿された時間を見て残念…久し振りに夜更かししていました^^
以前のようにメールすればよかったなあ(^^;)

さて、本題!あの夢島に灯台があったなんて
これとんでもないスクープじゃないですか!!
しかも写真も撮っているし、あの洞窟だって…間違いないでしょう!
うん、そう信じたいよね!!ちょっと朝から興奮気味です^^
この灯台の灯り 見たいな…次回 千葉へ行く楽しみができました(^o^)v

夕方の写真 これいいですね。
道路がカーブしているところと雲の広がり、こちらは日がさしているけど、
その下の写真は反対方向?雲の広がりが逆でこれ対比させているんですね。
松崎もいいけど、千葉もいいところじゃないですか^^
roadraceさんや虎馬さんが羨ましいです。
朝からいいものを見せてもらいました!
どうもありがとう(v^-^)Special Thanks♪

投稿: Nob | 2006年12月15日 (金) 09時50分

( ̄0 ̄)/ オォー!!
知らなかった。浮島に灯台があったなんて・・・・。(ノ_-。)
これは世紀の大発見と言っても、過言ではないでしょう。(^o^)v
年末に素晴らしい物を見つけましたね。おまけに、例の洞穴らしき物も写っているではありませんか。また、「セカチュー」を思い出してしまいました。(,,-_-)・・・。

どれもこれも素晴らしい写真ばかりなのですが、とくに、キラキラと光る海面に浮かぶ浮島の写真は最高ですね。ヽ(゚◇゚ )ノ
確か、原作に夢島に行った時に、海をこのような表現で表していたと思います。(^o^)v

いいものを見せてくれてありがとうございました。m(_ _)m

投稿: はーちゃん | 2006年12月15日 (金) 11時02分

さすがroadraceさんですね~
浮島の裏側?がまさか陸地から見ることができたなんて。。。
確かに地図をよく見るとroadraceさんがいらっしゃった場所から
なら見えそうですもんね(^^♪
>海の向こうに見える細く伸びた陸地を見ながらふと思いつきました。
この思いつきは私を含めたこちらに来てらっしゃる方々の想いがroadraceさんにそうさせた?(^^ゞ のかもしれませんね。

でもroadraceさん。。。
一人で岩場で転んでしまったなんて・・
なんか・・・ちょっとはずかしそうにしているroadraceさんが
浮かんできます。(ごめんなさいm(__)m)
今度はけがなどしないようにして下さいね。

投稿: ふなむし | 2006年12月15日 (金) 14時14分

roadraceさん、お久しぶりです。
まさか夢島の裏が見えるなんて!!
流石roadraceさん、good jobです。
夕闇にほんのり光る灯台の光、ステキでしょうね。
ロケーションサービスという会社のホームページに、夢島の中の
色々な写真が20枚程度載っていました。
昼一日、20万円程度!!で貸切ができるということで、はーちゃんの
財力を期待していましたが、最近なくなってしまいました。
やっぱり夢の島なのでしょうか。
タイムポストがあった場所は、民宿裏という名前が付いています。
正面の建物が昔は釣り宿だったみたいですね。
いつかみんなで渡りましょうね!!

投稿: サクリン | 2006年12月15日 (金) 21時14分

●虎馬さん
ありがとうございます。
私の心の中では「大発見!」なんです(^^;。
私たちの心の中に眠り続ける「夢島」ですが、
手に届きそうで届かないこの距離感がなんともいえません。
まだまだいろんな表情を見てみたいです。

●Nobさん
昨日は久しぶりの夜更かしでした(^^;。私もメールすればよかったですね。気分が乗ってくると朝まで全然眠くならない時があるんですが、まさに昨日がそうでした。でもズームインに登場する頃には爆睡していましたが(^^;。

野島埼には千葉県内の灯台が紹介されていて、その一文の中に「浮島」を見つけた時は本当に驚きました。地理的には確かに灯台があってもおかしくないんですよね。Nobさんも見てみたいですか?夕暮れは沖の島もなかなかですよ。次回は時間をずらして行ってみましょう(^^)。
あの洞くつ、ドラマの映像とよく比べてみるとほぼ間違いないと今では確信しています(^^)。Nobさんにもそう言って頂けて自信がつきました(^^;。

あのうろこ雲の写真、最初の分が西方向で、次の海が写っているのが北方向になります。ちょうど海の向こうに見える陸地がとぎれるあたりに浮島が見えるんです。あ、肉眼では絶対に見えません(^^;。

千葉はいい所です(^^)。山がちょっと少ないのがさみしい部分ではありますがその分海に囲まれているのが魅力的ですね。でも色々と新しい発見ができるのもスカブーのおかげです(^^)。

●はーちゃん
そう、私も灯台があるというその事実を知った時は驚きました!
いや本当にドラマとはなんの関係もないんですが、実際に夜に行ってみてその灯台が光っているのを確認できた時はちょっとじ~んときてしまいました(^^;。
おまけにあの洞くつ。画像を加工するまではまったく分からなかったので、これにも一人で興奮していました(^^;。

日差しをいっぱいに受けた海に浮かぶ夢島。私も自身で気に入っています(^^)。
時間帯にもよるのでしょうが、また春や夏には違った表情を見せてくれるんじゃないかとどんどん楽しみが増えていきます。
あ、私、原作、まだ読んでないです(^^;。はーちゃんは来年こそは四国に行くんですよね。私も行ってみたいです。

●ふなむしさん
そう、まさに夢島の裏側なんですよね。ちょうどドラマではタイムポストがあるあの場所は島の裏側にあって、上陸するか船でなければ絶対に見れないと思っていましたが、この角度から見る方法があったなんて自分でも驚きました。
あの場所でバイクを停めたのは本当に偶然で、うろこ雲がきれいだったという理由だけなんです。自分でも不思議なんです。ふなむしさんの言う通り、なにかみなさんの想いか何かが私に作用したのかもしれません(^^)。

いやいや転ぶっていうのはもうこの年になると恥ずかしいですよ(^^;。普段転ぶなんてことはほとんどないんですが、セカチュウがらみでは何故かよく転びます。牛原山でも2~3回は転んでますね(^^;。今回の岩場でのコケは人目がなかったのが幸いでした。次回からは慎重にいきます!

●サクリンさん
お久しぶりです。ありがとうございます(^^)。
図らずも夢島の裏側がちょっと覗けたことは私にとっても驚きでした。

サクリンさんが書かれた「ロケーションサービス」という会社。
今はこのホームページ自体はないのでしょうか?いろんな検索で試してみましたがたどり着けませんでした(T_T)。
でもアマチュア無線関係や釣りなどの関連でここ「浮島」が所々で登場してきて、画像もちょこちょこ散見出来ました。
一日20万は高いです~(^^;。

私はまた違った角度からの夢島をこれから探していこうと思います(^^)。

投稿: roadrace | 2006年12月16日 (土) 03時26分

roadraceさん、今晩は!!
すみません、会社名はプラネアールの間違いです。
ここのロケ地の物件の中に、最近まで浮島が載っていました。
登山道、灯台の建物、正面の建屋の内部などの写真がありました。

投稿: サクリン | 2006年12月16日 (土) 04時27分

夢島の裏側・・貴重なものを見せてもらってありがとうございます。
同じ千葉県民ですが東葛地域なものでなかなか房総の方には行く機会がなくって(´・・`) 松崎には何度も行ってるんですが・・
ほんとに洞窟とかあったりしてるので、タイムポストもあるような錯覚が・・ 夏には是非行ってみたいものです。

投稿: 桃kazu | 2006年12月16日 (土) 08時56分

●サクリンさん
プラネアールだったのですね(^^;。
でも既に今は載っていないとのこと。残念です。
なんか、こう、断片的な情報だけしか見つかりませんよね。
個人所有の島なんですからしょうがないんでしょうが、
だからこそ、余計に気になります(^^)。

●桃kazuさん
おおおっ、同じ千葉県民の方でしたか(^^)。
でも千葉もなかなか広いですし、縦のラインはアクセスの悪い面がありますから、なかなか難しい所です。渋滞の激しい場所も多いですからねえ・・・。
あの建物の暗闇を抜けた後の洞くつの見える場所。あのタイムポストのある場所。一度でいいから行ってみたいものです。アキが腰をかけてサクちゃんへのメッセージを吹き込こもうとする一瞬のあの場面も大好きです。

投稿: roadrace | 2006年12月17日 (日) 01時12分

roadraceさん。お久♪
まだお逢いしていませんが…なぜか、身近に感じるのは不思議です\(^O^)/
浮島…夢島には色々と謎がありますね…roadraceさんの感激ずっこけ話を(すんまそん・笑)見ますと…目に移るものに…引き込まれるんでしょうね!いつか、是非!夢島、松崎…を一緒に(^-^)…寒くなりました…中々バイクには乗っていません…(アルコールが最近は厳しいので・笑)  ちょっと、転ぶのは良いです(…良いか?!)でも、バイクは常に危険と隣り合わせ…お互い注意しましょう!そして…いつか、一緒に飲み語りましょう!

投稿: XJ | 2006年12月17日 (日) 05時15分

いえいえ、私こそ更新がよくご無沙汰になります(^^;。
私もXJさんの事、Nobさんの写真でよく拝見してますし、これだけブログ上でお話出来ているので、すご~く身近に感じさせて頂いております(^^)。
そう、XJさんのおっしゃるとおり、目の前に現れた素晴らしい情景に目を奪われているんです。そう、その通りなんです!気持ちまで奪われてしまうんで、それで、足下がおろそかになってしまうんです(^^;。
オートバイや車に乗っていてもきれいな景色に出会うと、時々危ない事がありますから、気を付けねばなりません。
最近は私もバイクに乗る回数がめっきり減ってしまいましたが、さび付かないように時々乗りましょう(^^)。
そしていつかどこかで飲み語りましょう!

投稿: roadrace | 2006年12月18日 (月) 23時34分

roadraceさん、こちらの記事知っていましたが
忙しくてコメントできませんでしたm(__)m

この場所にちょこちょこ行けるroadraceさんがうらやましいです
私はいまだに7月に渡れなかった事を引きずっています

夢島に灯台がある事は自慢ではないけど知ってましたよ
あそこの事調べまくってた事がありましたから!

あの裏側の洞窟の写真もカヌーに乗って撮影した方がいてどなたかにそのHPのアドレスを教えてあげたのですが今は自分もわからなくなってしまいました(T_T)
その写真は良く見るとタイムポストの場所も見えましたよ!

ねえroadraceさん
あの島は個人所有で調べると名前もわかるんですよね
その方に交渉してみんなで渡る計画立てませんか?
マジで!

PS あのシエンタのCM一回も見れないんですけど~~~o(T^T)o ウ~ン

投稿: io | 2006年12月19日 (火) 22時02分

忘れてた!
どこかで夢島の大ボッケと小ボッケの間に富士山が写っている写真を見ました!
roadraceさんが撮ったその画像見たいです!m(__)m

投稿: io | 2006年12月19日 (火) 23時09分

いえいえ、ioさんが夢島の事を調べ上げていたのは私も存じておりますよ(^^)。ioさんが残したアドレスにアクセスすると驚くばかりの浮島の写真の数々。やはりioさんはただ者じゃないとその時あらためて感じました(^^)。そう、カヌーか何かで浮島付近で遊んでいる感じでしたよね。今回サクリンさんのコメントがきっかけでいろいろ検索しましたが、何かアマチュア無線関係の方が時々浮島に渡っているようですね。あとは写真はありませんが釣り関係で時々浮島の名前が出てきます。

灯台の事もご存じだったのですね(^^;。さすがです!

あの島へ。確かに実際に目の前にあるのですから、
渡れないはずはありませんよね。
もちろん、所有者への交渉という大きな壁がありますから、どうしてもそこで躊躇してしまう自分がいます。
でもちゃんと目的を伝えて、お願いすれば、もちろん実費はかかるでしょうが何とかなるんじゃないかなと思います(^^;。
やはり一度は行ってみたいですね(^^)。

シエンタのCM、それほど頻繁には流れませんね。しかも15秒バージョンもあって、これだと浮島が写るカットが1つ少ないです(^^;。

浮島に富士山が写っている写真は鋸南町のサイトだったと思います。
私はそんなすごい写真撮ってません(^^;。

投稿: roadrace | 2006年12月20日 (水) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/13063960

この記事へのトラックバック一覧です: 浮島のあれこれ:

« 月崎、そして沖の島、浮島へ | トップページ | 剱埼からの浮島 »