« 松崎ツーリング♪ 5 | トップページ | 松崎ツーリング♪ 7 »

2006年8月30日 (水)

松崎ツーリング♪ 6

夕暮れは着々と近づいています。松崎の町は海の近くまで山々が張り出してきており、しかもあまりなだらかな傾斜の山は少ないです。だから完全に日没の時間は来ていないにもかかわらず、ちょっとだけ奥地に入るだけで一気に日陰となってしまう部分が多いのです。

Pict0225p

ここ山口地区もそうで、海岸からわずか2kmぐらいの距離なのですが、、もうこんな感じで日なたと日陰の部分の明暗がはっきり分かれます。。まだ日没時間まで、だいたい1時間弱はあるのにです。

Pict0230p

ここでの夕方のシーンというと、やはり第2話のサクとおじいちゃんの2人乗り。そして第3話の学校帰りのサクとアキの二つのシーンが思い浮かびます。
おじいちゃんの願い、そしてその思いに、自分の身近な出来事から共感するに至ったサクちゃんでした。ただその約束を果たすことに躊躇していた自分が恥ずかしくなり、ましてや好きなアキの前では強がって平静を装っていました。でもこの時のサクちゃん、かなりバレバレな感じがとても良かったです(^^)。

Pict0241p

こんなドラマの重要な流れがここ木の橋をバックに描かれていたように思います。そうでなくてもここの風景はとても味わい深く、私にとっては松崎を代表する眺めの一つと言えます(^^)。

Pict0251p

なんてったって8月です。まだ穂が実る前ですから、稲の緑が瑞々しいこと!

Pict0256p

さて、ここに滞在してからもう20分くらいがたち、もう6時を回りました。このあたりは日が差す場所がなくなってしまい、だんだんと暗くなり始めたので、そろそろ夕陽が見たくなりました(^^)。夕陽といえばやはり海岸です。太陽を追いかけて、我がスカブーを再び走らせました。

                                                                                                

※9月1日(金)追記

サクリンさんのコメントで以前、牛原山から撮ったここの写真を思い出しました。

Pict3369p

|

« 松崎ツーリング♪ 5 | トップページ | 松崎ツーリング♪ 7 »

6度目の松崎」カテゴリの記事

コメント

自分だったらまず撮らないだろうなっていうアングルって言えばいいのかな?そういうのがすごく勉強になります。
最後の2枚 とても新鮮でした^^稲の緑もそうだけど、この木の橋の写真も、何気なく撮っているようでも違いますよね。
ここで見せてもらった風景にもうすぐ会いに行けます^^
木の橋の場所は最初に行った時だけなので、絶対もう一度行ってきます。
ここ・・・かなりのポイントですからね^^

投稿: Nob | 2006年8月30日 (水) 04時18分

おはようございます・・・っといいますか・・
roadraceさん!何時もながら深夜に及ぶ更新、
ありがとうございます。 感謝 感謝です。

NObさんも はやっ。。。

そんな事を言っている私は、TVをつけたままリビングで
そのまま寝てしまい、今 目が覚めました。
(あ~ またやってしまった・・(T_T))

ここでのおじいちゃんとの二人乗りのシーンはとても印象的ですね、自転車に乗っている時の二人の表情。。 うまく説明できませんが何ともいえない味が出ていたと思います。

今度ここへ行ったらマルテンさんで何か買い物をして
記念に?レシートでもとっておこうかな~
(レシートにマルテンって書いてあるのかな(^^ゞ・・) 

投稿: ふなむし | 2006年8月30日 (水) 05時19分

次はここだろうなと、待っておりました。
夕暮れにはさらになんともいえない風情がありますね!

堤防も、マリーナも牛原山も
好きですが、ここが自分にとってのセカチューポイントですね。

昨日はテレビで再放送してましたが、サクが自転車を引き上げるシーンもカットされず見れました。

素敵な写真ありがとうございました。

投稿: balineko | 2006年8月30日 (水) 09時31分

盆に牛原山にバイクで登った時に、崖崩れで道が半分以上埋まった場所で、
ふとバイクを止め南のほうを見たら,この場所が一望できました。
いつもは車で、他車とすれ違わないように一気に登るために、気が付きませんでした。
上から眺めるこの田園、木橋の風景も格別なもので、しばらく見とれていました。
一面緑の風景も良いですが、黄金色に輝く風景も見てみたいですね。

投稿: サクリン | 2006年8月30日 (水) 12時30分

「セカチュー」の再放送を毎日、見ています。涙、涙の日々をまた過ごしています。(,,-_-)・・・。

この何のことはない木の橋でも、素晴らしいドラマの一場面として使われることにより、わたしたちに取って重要なポイントになるなんて、ホント不思議だと思います。(^-^)

ここには何度も行っていますが、roadraceさんのようなアングルで写真を撮ったことはありませんね。やはりセンスの問題ですね。お見それしました。m(_ _)m

投稿: はーちゃん | 2006年8月30日 (水) 13時10分

情けない事にこの橋はまだ行った事がないんです(T_T)
roadraceさんの今回の松崎ツーリングシリーズが更新されるたびに、一人でゆっくり松崎を回りたいと言う気持ちが一段と強くなっていきます!
なかなか出来そうにないんですが。。。

投稿: io | 2006年8月30日 (水) 18時34分

おはようございます

この記事にあわせるように始まった再放送1.2話

ついつい<名もない橋>に注目しちゃいます^^

ioさんと共に ここに懺悔します・・・

私も ここ行ってませ~ん^^;「エー!!?」(外野の声)

でも 自分じゃ こんないろんな角度から
この橋を撮る発想がありません

>夕陽といえばやはり海岸です

よっしゃ~!・・・あれ? 引っ張るんスか?^^

今日は 大好きな3話 予約して出かけます。

しかし 写真 お上手ですね いまさらですけど^^;

投稿: 虎馬 | 2006年8月31日 (木) 06時42分

●Nobさん
もう自分自身で色々何か変わった撮り方はないかなと探っている状態です(^^;。その時被写体を目の前にして、あ、こういうアングルも面白いな、とファインダーを覗きながら発見することも多いです。ただ、稲のアップの写真だけは以前からイメージしていて、50mmの単焦点レンズならたぶんこんな感じで撮れるんじゃないかなと思っていたんですが、自分でもなんとなく、うまくいったような気がします(^^)。
さ来週、きっと天気が良くなることでしょう(^^)。せっかくですから風も強くない事をお祈りしています(^^;。

●ふなむしさん
こんばんは~(^^;。ゆっくりとパソコンに向き合える時間が夜しかないもんで、いつもこんな時間になってしまいます。最近はいつも返事が遅くなってみなさんに申し訳ないですm(_ _)m。私こそ、いつもコメント頂き感謝しております。Nobさんはよくこの時間帯に起きるらしいです(^^;。私はこの季節はあまりうたた寝することはありません。冬になるとついついコタツでウトウト→そのまま熟睡というパターンが多いです(^^;。
ここでのおじいちゃんとの2人乗り、確かに表情がなんだか真剣で面白かったですね。私はここのマルテンで飲み物を買ったことがありますよ。でもレシートなんてなかったような気がします(^^;。

●balinekoさん
あれ?ここだろうって分かりました?あ、そうか。速報版の時にここからの写真送りましたもんね(^^;。もうちょっと夕暮れっぽく黄色がかるとドラマっぽくなるんですが、なかなか同じような色にはなりませんね。

ちょうどいまTBSでドラマの序盤、再放送していますね(^^)。私も第2話だけはライブで見ていました。でも、あいかわらずTBSって再放送をハイビジョンで送信してくれないんですよね・・・。出し惜しみしているのか、もう半分あきらめています。

●サクリンさん
車で上っていると道が細い上に見通しが悪い所ばっかりですからあんまり脇の景色を見ている余裕がないから、最初は気が付かないんですよね。私はどこかでここ山口地区の景色が見えるという話をどこかで聞いて初めて知りました。
車を停めるポイントはほとんどないのですが、無理すれば崖スレスレに停められるので、私は車を停めて写真も撮りましたよ。思い出しちゃったので写真勝手に追加しておきます(^^;。
そういえば今回は牛原山に行けませんでした・・・。それだけが心残りです。

●はーちゃん
再放送、毎日見ているんですか(^^)。でもまだ物語の前半ですから笑顔もたくさん見れていいですよね。でも結末を知って見ていると何故か余分な所で泣けてくるから不思議です。
今度、行った時にはもっと変わったアングルを探してきます(^^)。

●ioさん
3月にお会いした時に行けば良かったですね(^^)。Nobさんもあんまり行ったことなかったようですし・・・。ここは田んぼだらけなので秋以降はどんどん雰囲気が変わっていってしまうんですよね。
みなさんとガヤガヤと行くのももちろん楽しくて最高なのですが、今回初めて一人で訪れてみて・・・、いやあ、良かったですよ(^^)。たまには一人もいいもんです。松崎という町だから余計かもしれません。

●虎馬さん
ちょうど再放送始まりましたね(^^)。私もついついここの景色に注目して見てました(^^;。虎馬さんもここに行ってなかったとは・・・。
確かにここだけちょっと外れてしまってますよね。ここに行くルートにはもう一つロケ地があってサクちゃんが自転車を漕いでいて骨の瓶を田んぼに落とすシーンが撮影されています。ちょうどこの山口地区に行く途中です。
もうこのシリーズ6回目です。引っ張り過ぎてスミマセン(^^;。なかなか一気に記事を作れないもんで・・・。たぶん10回くらいで終わると思います(^^;。

投稿: roadrace | 2006年9月 1日 (金) 01時38分

追記してくれた写真ありがとうございます(^o^)v
見慣れた角度ではないのですごく新鮮です^^
車だと「対向車が来ないように・・・」なんて願いながらのぼっているので、まず見れない景色ですね。
サクリンさん いいことに気付かせてくれました!
たまには違ったところから見てみるのも新しい発見があっていいかもしれませんね^^

投稿: Nob | 2006年9月 1日 (金) 03時11分

Nobさん、早速見て頂けて光栄です(^^)。
私も最初に見た時は感動しました。あまりにも感動して望遠レンズを車から持ち出してこの景色をアップで撮りました。
この道は運転している時はあまり脇見する余裕ないですからね(^^;。
あとこの山を下りる時に一ヶ所だけ松崎の町が見渡せる場所があってここもなかなかお気に入りです(^^)。

投稿: roadrace | 2006年9月 1日 (金) 03時27分

ウォー、まさにこの風景です。
黄金色になったこの風景を見てみたいものです。
前回は祭り、花火見物が目的でしたが、バイクということもあり、
松崎を見下ろせる(牛原山とはいきませんが)場所探しがもう一つの
目的でした。
この橋の裏山の山頂にある3本の電波塔、裏牛原山、サンセットヒルの裏山等々
獣道のようなところまで探索しましたが、残念ながら牛原山以上のところは
見つけられませんでした。
でも、景色的には素晴らしいところはあっても、心的には牛原山以上の
所は無いでしょうね。
ところで、一箇所というのはあの180°ターン(なぜか椅子がある)
所でしょうか。

投稿: サクリン | 2006年9月 1日 (金) 12時57分

最初にここの景色が見える場所を見つけた時は私も「ウォー」という感じで感激しました(^^;。見たこともない角度からここの景色を見下ろせた時はなんとも言えませんでした。そして10月ぐらいに行くとまた景色が違って見えるんでしょうね。

サクリンさん、ここの近くの山にも登ったのですか(^^;。やはり通い詰めてる方の行動はスゴイですね(^^;。私も一度だけ牛原山の東側付近を山越えした事があります。ナビにも全くのっていない道で大変な思いをしたことがあります。

やはり牛原山からの眺めを超えるものはないでしょう(^^)。

あの一ヶ所というのはサクリンさんのおっしゃる通りちょうどダブルヘアピンになっている所です。このあたりはちょうど勾配の強さも半端じゃないところです(^^;。

投稿: roadrace | 2006年9月 2日 (土) 01時11分

同じく、今は千葉に住んでいます。
松崎高校を卒業しました。
実家は、たこやきパパさんの近く
昨年は、帰省中に撮影に遭遇
何話かな?
瀬崎神社の前に立つ緒方直人さんに会いました。
あれから1年です。

先日、せかちゅうの再放送をしていたので、何気に検索し、このブログに出会いました。
ずっと見せていただき、こんな時間に...(・_・|
すごいと思いました。
ビックリでした。
自分の故郷が、こんなにも美しく掲載され、愛してくださっている方が居ることに感動しました。
嬉しかったので、一言お礼が言いたくて、お邪魔しました。
ありがとうございますm(__)m
PS
もうわかっていらっしゃるのかもしれませんが「つぐみ」に出てくる診療所は、中江医院のはずです。

投稿: 松崎出身です | 2006年9月 2日 (土) 02時02分

松崎出身です さん、はじめまして(^^)。

松崎が地元とのこと、そういう方からのコメントとても嬉しいです。しかも今は千葉にお住まいとか(^^;。
瀬崎神社の前に立つ緒方直人さんというと、たぶん夕暮れ時ではないでしょうか?たぶん第6話だと思います。
ドラマの撮影は2004年の事ですから、もうあれから2年ですよ(^^)。

いろいろブログの中をご覧頂けたようで光栄ですm(_ _)m。
ドラマのロケ地というだけでない松崎の魅力にとりつかれています(^^;。ヘタの横好きで写真をたくさん載せています。でもそれが地元の方にこんなにもほめて頂いて、私もこんなに嬉しいことはありません。
私こそ、ありがとうございます。

たくさんのドラマ・映画で松崎は使われていますが、その中でも「セカチュウ」はまさに奇跡の作品だと思っております。今回の再放送で是非またじっくり見てみてください(^^)。松崎という町、そしてそこで繰り広げられる物語にまた新たな発見があるかもしれません。

実は中江医院、6月に行った時に小さな路地を入っていって確認しました(^^)。映画と全く同じ形をしていて感激しました(^^)。

投稿: roadrace | 2006年9月 2日 (土) 02時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/11677477

この記事へのトラックバック一覧です: 松崎ツーリング♪ 6:

« 松崎ツーリング♪ 5 | トップページ | 松崎ツーリング♪ 7 »