« 月崎駅 | トップページ | 導かれるように、あの場所へ »

2006年7月28日 (金)

浮島

千葉県鋸南町にある浮島。

ドラマの第5話、夢島として登場したこの島はドラマを愛する人々にとってはまさに「夢」の島。個人所有の島と言われるだけあって、そこを訪れるのはかなりの困難を伴うようで、期待して行った何人もの人が涙を呑んでいる模様・・・。

                                                     

Pict8977p

あまりにも楽しい2人の思い出。幸せな日々。
その後の2人の運命を知る今だからこそ、この時の2人の語りやふれあいが余計にまぶしく見える。

                                                  

Pict8972p

幸せすぎて不安になるアキ。日々平凡に過ごしてこそ、安穏な人生かもしれない。
ましてや、幸せな日々が永遠に続く人生なんてありえないかもしれない。

でも、こんな幸せそうな2人をいつまでも見ていたいと思った。思っていた。

                                                     

Pict8981p

夢島が見えるこの場所。・・・とてもあの場所に似ていると思った。

防波堤、テトラポット、そして赤い灯台。

そして偶然にも海を見ると、いつかそこで見たあの夕陽のような。

                                                                                         

                                                    

(7月30日 追加)

Pict3935p

ioさん、ここですよね(^^)。

|

« 月崎駅 | トップページ | 導かれるように、あの場所へ »

第5話」カテゴリの記事

コメント

roadraceさん またまた素晴らしい写真をありがとうございます!
写真の色・・・素晴らしいよね~
記事を読みながら・・・この「夢島」は自分たちにとっても「夢」のままであった方がいいのかなとふと思いました。
本当の意味での「聖域」なのかもしれない。
松崎は聖地で巡礼者のようにあたたかく迎えてくれるけど、この夢島だけは足を踏み込んじゃいけないのかもしれません。
・・・なんて言いながら機会があれば行っちゃうでしょうけどね(^^;)

投稿: Nob | 2006年7月28日 (金) 04時46分

roadraceさん、おはようございます。
Nobさんの言われるように、夢島は物理的にも、精神的にも小生を含め皆さんにとって聖域なのかもしれませんね。
今までセカチュ-スポットの殆どは訪れましたが、夢島だけ足を踏み入れることが出来ていません。
タイムポストの場所に行きたい、夢島から陸の夜景を見てみたい、生姜湯?を飲みたい・・・という衝動に駆られる反面、もしここに足を踏み入れてしまえば、その時点で小生のセカチュ-が終わってしまうのではないか、という恐れが浮かんできます。
強引にではなく、偶然的もしくは必然的に渡れれば最高なのですが・・・
盆に防波堤から夢島を見てまた悩むのでしょうね。

投稿: サクリン | 2006年7月28日 (金) 08時13分

おはようございます

島のシルエットとソラ模様が ファンを寄せ付けない雰囲気を醸し出してますね
うっすら見える 廃屋も不気味です

驚いたのは 堤防です!

まるで 松崎から港ごと運んで 大道具さんが、位置を微妙に変えただけようなカンジですね

roadraceさんの文章も 読み込んじゃいました
なるほどです

月崎では 寄り添いながも 歩いたのは 永遠に交えることのない 線路の上

夢島では どうだったのか?

今では そんなことは どうでもいいと 思えるようになりました

P.S. マイペースでも 奥様のこと、許してあげてください
悪気はないんですから
何故なら それがB型です^^

我が家は かみさん以外の男3人(下に住んでる、親父も含めると4人) みんなB型です^^;

投稿: 虎馬 | 2006年7月28日 (金) 10時02分

みなさん、こんにちわ。(^-^)

わたしは、ちょっと違って「聖地」だからこそ渡ってみたいと思っております。

朔と亜紀が始めて一緒に過ごした夏、夜を・・・。そして亜紀の最後の夏である夢島での思いなどを、この目でこの肌で実感したいからです。大人と子供の狭間にある彼らの気持ちや行動を少しでも知りたいと思うからです。そのために彼らの面影を追って、聖地・松崎に何度も訪れております。

だからと言って、強引に渡るのではなく、サクリンさんの言われるように、偶然的もしくは必然的に渡れれば最高だとわたしも思います。いつかそのチャンスが必ず来ると信じて待つつもりです。(^-^)

投稿: はーちゃん | 2006年7月28日 (金) 13時11分

う~ん。。。
じーっと見つめていると引き込まれてしまう空の色ですね~
シャレではないのですが例えてみますと
「夢の中で見ている夢島」のような。。。
ドラマでの使われ方も多少影響しているのかと思いますが
わたしの場合とても、淋しく不安な気持ちになってきます(ρ゚∩゚) グスン
(それくらい心を動かされる素晴らしい写真と言う事ですよ!)

夢島・・・ 必ず渡ってみたいと思います。
今回渡れなかった事がいっそうその気持ちを強くせせてくれました。
ただし、私も皆さんと一緒で、「行けたら行くか。。」
くらいの肩の力を抜いた気持ちでその時を待ちたいと思います('-^*)/

投稿: ふなむし | 2006年7月28日 (金) 13時44分

良い写真、良い記事ですねぇ
見習わなくては!
本当に渡りたかったです。。。

この堤防はどのあたりでしたっけ?

投稿: io | 2006年7月28日 (金) 19時06分

●Nobさん
すみません、白状しますと、カメラのホワイトバランスを少しイジって撮りました(^^;。曇天モードにするとこのように少し黄色がかった写真になります。昔はフィルターを使わないといけなかったのですが、こういう事もデジカメの恩恵で簡単になりました。
そう、「聖域」なのかもしれません。ただ行けないから勝手にそう感じているだけかもしれません(^^;。行けそうなのに行けない・・・。余計に想いが膨らみます。
・・・、その時がもし来たら。迷わず行きましょう(^^)。

●サクリンさん
松崎高校の中もある意味聖域みたいな所がありますが、ここ、夢島はちょっと特別ですよね。物理的にも地理的にも特殊です。私も自分が興味を感じるロケ地にはほとんど行ったつもりですが、ここだけはいまだに行けません・・・。
第5話はここ、浮島で撮られたシーンがあまりにも多く、しかもかなり印象的な場面も多いですからねえ。やっぱり自分で、この目で見てみたいものです。
でもここの防波堤で眺める夢島もなかなかのもんですよ(^^)。

●虎馬さん
ここって肉眼でもうっすらとあの廃屋(実際には廃屋ではないようです(^^;)や桟橋の様なものが見えるんです。ioさんの体力ならホントに泳いで渡れそうな距離なんです(^^)。ここ勝山漁港はほんとに「漁港」といった感じで釣り船もたくさん、漁船もたくさんあるのですが、この防波堤に立つとどうしても松崎を思い出させる風情があります。トンビの鳴き声もそれを強くさせるんです。
置き去りにされた亜紀の声。カセットに閉じこめられたその想いを朔太郎が見つけてくれたその瞬間は、私は素直に嬉しかったです(^^)。

えっ、虎馬さんもB型(^^;。しかも息子さん、お父さんまで・・・。あんまり多いと恐ろしい(^^;。いやいや、誤解のない様に申し上げますと私はB型は大好きです(^^)。

●はーちゃん
そうはいっても、ここはオーストラリアではありませんし、行くチャンスがないわけではないと私も思います(^^)。すぐそこに見える所までは行けますし。
やはりあの場所に立って、朔と亜紀の思いを感じてみたいですね(^^)。
スマートに行ければ最高ですが、力業でもそれはそれでいいんじゃないでしょうか。私には無理ですが(^^;。
私は鋸南町主催の「味わいハイキング」の企画にここが盛り込まれるのを待っています。

●ふなむしさん
そうですね。ドラマで映し出される夢島の映像は青空と青い海の中に色鮮やかに浮かんでいます。私が撮った写真はどちらかというと、現代の朔太郎のシーンのイメージに近いかもしれません。夢の中に映し出される「夢島」。夢の中で思うままでも私はいっこうに構いません。ここで眺める夢島の姿もなかなかのもんです(^^)。
でも行けたら行ってみたいです(^^;。いつかそのチャンスが巡ってくる事を静かに期待しましょう。

●ioさん
この堤防は勝山漁港です(^^)。ちょうど漁港の一番先まで車で乗り入れる事が出来ますのでそこで車を降りて堤防を上るとすぐにこの景色が見えます。おそらくここが一番浮島に近い距離だと思うんですが。

投稿: roadrace | 2006年7月29日 (土) 01時24分

roadraceさん、レスありがとうございました。
虎馬さんにも突っ込まれてしまいました(|||≧q≦|||)/ぎゃはは
ここは赤灯台の前に見えるのが浮島ですか?
私はここは行って無いですね、たぶん
私が行ったのは勝山漁港のだいぶ手前(金谷港側)から入っていって最初に浮島が見えたところは海水浴場みたいなところからで浮島の手前にもうひとつ島が見えました
そこから勝山漁港の方に向かって五郎七丸が陸に上げてあるところのの前を通り漁協の前から国道に出てしまいました
このルートですが、どうでしょう?

投稿: io | 2006年7月29日 (土) 18時32分

ioさんだったら伊豆アドベンチャーレースにそのまま出てそうな気がする私です(^^)。
言葉だけでは説明付かないのでよかったら
この地図を見てみてください(^^)。
ちょうどこの地点から北側を見た感じがこの記事の一番下の赤灯台が写っている写真です。灯台の左側に見えている小さな島が傾城島です。おそらくioさんが見た浮島の手前に見えた島がコレです。私も前回はここからの写真も撮っています。
祭礼で船が出るのはここ勝山漁港とばかり思っていましたが、もしかして違う場所なのでしょうか?

記事にioさんと似た感じの場所から撮った写真を追加しておきました(^^)。

投稿: roadrace | 2006年7月30日 (日) 00時30分

伊豆アドベンチャーレース出てみたいですね~!

地図ありがとうございました。
やはりこの場所には行ってませんね、こんなところがあったんですね、残念(T_T)
もう少し近かったらあのあたりを散策して漁師さんと仲良くなって島に渡らしてもらう。。。な~んて
思うんですが

船は勝山漁港からだけだと思いますよ
手前の海水浴場みたいな所のおばちゃんに島渡りのこと聞いたら知らないと言ってましたから

投稿: io | 2006年7月30日 (日) 10時47分

roadraceさんご無沙汰しております。写真!凄く素敵です!セピア調な・・時間がセカチューのまま止まっていて、向こう側に亜紀と朔が二人でいるのであろうか・・・と思いました。よし!今度の休みにDVD観よーっと♪(^人^)

投稿: XJ | 2006年7月31日 (月) 05時48分

●ioさん
やはりそうでしたか。でも他にも大黒山など、浮島を眺めることが出来るポイントはありそうですし、私は幸い同じ千葉に住んでいますから、またの機会がありましたら改めてご紹介したいと思います。
舟渡はやはり勝山漁港ですよね(^^)。また来年、休みの都合さえつけば今度は行ってみたいです。

●XJさん
ちょっとお久しぶりです(^^)。お褒めのお言葉ありがとうございますm(_ _)m。
私は最近、自分の携帯でこのサイトが見れるように、トップページの記事数を一つだけにしています。こうしないと自分の携帯は、はなからエラーが出て全く見れないんです(T_T)。XJさんの携帯は以前とは変わりありませんか?

投稿: roadrace | 2006年7月31日 (月) 07時05分

こんばんは♪携帯からは『最大サイズはオーバー・・・』ってなりますが、私の携帯からは変わらず見れますよ♪(^^)通常で写真が二枚見れる位ですけどね。あっ!写真はクリックして見てますよ(^.^)b

投稿: XJ | 2006年7月31日 (月) 22時16分

おおっ、ありがとうございます(^^)。
そうですか、XJさんのドコモだと元々ある程度はご覧になれるんですよね。あ、でもなんかしらエラーらしきメッセージが出るようで、やはりココログのシステムもなにか影響しているんだと思います。
いつもこの重いブログ、ご覧頂き感謝しております。なかなか軽くは出来ませんが、これからもよろしくお願いいたします(^^)。

投稿: roadrace | 2006年8月 1日 (火) 00時03分

いえいえ♪こちらこそ、たまにしか出来ず・・・いつか、色々なお話したいです♪(ノ゚O゚)ノ (゜o゜)(^^)v

投稿: XJ | 2006年8月 1日 (火) 10時30分

はーちゃん主催のラーメン食べ歩きオフでいつかお会いしたいです(^^)。

投稿: roadrace | 2006年8月 2日 (水) 02時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/11126000

この記事へのトラックバック一覧です: 浮島:

« 月崎駅 | トップページ | 導かれるように、あの場所へ »