« 5度目の松崎 4 | トップページ | 5度目の松崎 5 »

2006年6月30日 (金)

映画「新しい風」

(4月13日 画像・コメント追加しました。囲炉裏端さんありがとうございます。)
(4月14日 コメント追加しました。Takuさんありがとうございます。)
(6月30日 画像・コメント再追加しました)

映画「新しい風 -若き日の依田勉三-」は松崎出身の偉人の物語です。
北海道、十勝の開拓に生涯を捧げた、そして囲炉裏端さんが
ライフワークとして追い続ける人でもあります。

松崎でのロケが行われたという話を聞き、これは見るしかない!
というわけだったのですが、結論から言うとあまり
ロケシーンは多くありませんでした。
そりゃそうです。時代もかなり古い設定ですし、
十勝に行ってからの話がメインですから・・・。

Kaze01_r_1

Pict2862a
(4月13日画像追加)

大沢村というからには、これはもしかしてあの大沢温泉 旅館 ホテル
なのでしょうか?ここはまだ未検証です。

→大沢温泉ホテルのようです。中に入ってみたいです・・・。

(6月30日追記)
→中に入ってみました。と、いうか、ちょうど囲炉裏端さんに案内されてここに来れたので、囲炉裏端さん本人にこの画像を見て頂き「この場面はどこでしょう」と思い切って聞いてみました(^^)。

Pict8367a
大沢温泉ホテルの入り口の左手に格子の戸がありましてそこから覗ける風景がここです。映画はクレーンか何かで高い位置からこの庭を覗いているような感じで撮られています。私と囲炉裏端さんはここの格子戸からレンズを覗かせるようにこの庭を同じ様に撮っていました。だから囲炉裏端さんのブログにも同じような写真が掲載されています(^^)。

                                                     

                                                    

Kaze02_r

ここは雲見地区なのかな?と想像しますが
今回はここまでは足を伸ばせませんでした。

→石部地区の棚田です。映画の序盤に何度か出てきます。

(6月30日追記)
Pict8575a
ここは以前から来てみたいと思っていたところです。機械化された稲作に逆行するかのようなこの棚田。今の時代にはなかなか貴重な眺めとなっているのかもしれません。映画のそれは、CGの力で現代の建物が消去されているようです。

                                         

                                                  

Kaze03_r

奥には富士山が見えています。西伊豆には間違いないと思いますが、
残念ながら未検証です。

松崎の少し北にある黄金崎のようです。
 黄金崎にしては富士山の手前に見える地形が違うと、伊豆在住のTakuさんから
コメントを頂きました(^^)。もう少し土肥寄りの可能性が高いそうなので
次の機会に探索してみようと思っています。

(6月30日追記)
Pict8659a
実は今回の松崎行きでは雨はほとんど降らなかったものの晴れ間には恵まれず富士山を眺めることはずっと出来なかったのですが、松崎からの西伊豆の帰り道、偶然富士山が見えてきたのです(^^)。そう、それはちょうどサクちゃん家のロケが行われた大久保というところです。思わず私は車を停めて、きれいに見えるその場所まで走っていきました。
陸地の形、位置関係といい、まずこの辺に間違いなさそうです。Takuさん、大正解でした(^^)。

                                                    

                                                     

Kaze04_r Pict5741a

結局はっきりと分かったのはここ、帰一寺だけでした(^^;。

Kaze05_r Pict5740a

ちょうど松崎を出発するシーンで使われていました。

Kaze06

最後のエンドロールに囲炉裏端さんのお名前が(^^)!
「ようこそわが囲炉裏端へ」
サイトのお名前がそのままクレジットされていますね(^^)。

|

« 5度目の松崎 4 | トップページ | 5度目の松崎 5 »

その他」カテゴリの記事

コメント

画像を拝見していて 一番上の画像の様な家が欲しいなぁ…

そう思っているブタネコです。

(あったとして いくらぐらいするんでしょうね?)

投稿: ブタネコ | 2006年4月12日 (水) 03時32分

「新しい風」を取り上げていただき、嬉しい限りです。
先日はTakuさんを案内してホテル内を見学しました。今度お越しの時には案内させて頂きます。
私の方への書きこみは、そちらで返事を書いておきました。

投稿: 囲炉裏端 | 2006年4月12日 (水) 07時26分

「新しい風」私も見てみたいと思ってました
上から2番目の絵は囲炉裏端さんのブログで見たような見ないような???

ブタネコさんはマジで松崎に移住しそうですね(^O^)ウホホ


投稿: io | 2006年4月12日 (水) 11時30分

一番上は「大沢温泉ホテル」ですね。
わたしは泊まりましたよ。元庄屋さんの自宅を改造したらしく風情があって素敵でしたね。

>ブタネコさん。初めまして? はーちゃんです。
わたしも松崎にいずれは、永住しようと思っております。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: はーちゃん | 2006年4月12日 (水) 12時03分

大沢温泉ホテルってこういう建物なんですね~
いいなあ すごい風情があります!
こういうところ一度泊まってみたいですね~
エンドロールの囲炉裏端さんの名前すご~い!

投稿: Nob | 2006年4月13日 (木) 00時31分

●ブタネコさん
ブタネコさんの予算ってどれぐらい(^^;?
ここは本当に古い建物をそのまま改修(おそらく)してホテルとして使っているところですから、果たして値段が付くのか・・・。
でもこういう、中庭のあるお家って素敵ですよね(^^)。
ちなみに下田・松崎によく見られる「なまこ壁」は
昔でもある意味「お金持ち」の象徴だったようです。

●囲炉裏端さん
お呼びだてして、コメント頂き恐縮ですm(_ _)m。
おかげさまで、あちらで頂いたご助言でほぼ今回の画像の場所が分かりました。
もし、次の機会がありましたら、ここホテル内の見学させて頂きたく思います(^^)。ここってちょっと敷居が高くて私は宿泊できません(^^;。

●ioさん
いえ、たぶん囲炉裏端さんのブログでもこの景色は何度か登場していると思います。棚田のとても美しい景色で有名らしいです。

●はーちゃん
やはりグリーン車の個室で下田まで来る方は違いますね(^^)。でもホントは私も一度は泊まってみたいです。
そう、ここ旅館じゃなく「ホテル」なんですよね。
訂正しておきました(^^;。

●Nobさん
もう、入り口に水車があったりして雰囲気満点です。
川のせせらぎと、緑もたくさんあって情緒豊かな場所だと思います。
囲炉裏端さんの名前を見つけた時は嬉しかったです(^^)。

投稿: roadrace | 2006年4月13日 (木) 01時32分

roadraceさん

追加の画像、御馳走様です。^^

予算は たぶん信じて貰えない金額です。
(信じて貰えなくて良いのです^^)

ビート君に乗った友人は 自分の都合をテンコ盛りにして夢を語ってるみたいですけど、かなり、真剣なんです 私。^^

なんだか南東北地方では 知らないうちに「民宿」なんて言われているようですけど、まったりと療養する場所探しでして、そういう意味ではroadraceさんやioさん達と のんびり喋って過ごせる場になるのも ある意味、嬉しいし、物凄く楽しみでもあります。

なまこ壁なんて大それた希望までは無く、北海道では住めない本州ならではの家が良い。

平屋で瓦屋根、最低限、4tトラックが駐車できるぐらいの広さの庭と縁側…って感じですね 井戸もしくは地下水を汲み上げるポンプがあれば最高です^^

囲炉裏端さんのサイトを このところ、まったりと拝見させて頂きながら そろそろ、真剣に物件探しを始めようかと思っております^^

>はーちゃんさん こちらこそ よろしく御願いします。

投稿: ブタネコ | 2006年4月13日 (木) 02時29分

画像、お粗末様でございました(^^)。
また、予算だなんて不躾な事聞いてしまいすみませんでしたm(_ _)m。

でも「療養」という言葉を聞いて、改めてブタネコさんが本当に真剣に家探しをしていることが分かりました。
こうしてブログ上でお話しているととても楽しくて、ブタネコさんが病後療養中ということをついつい忘れてしまいます(^^)。
コメントを読んでいて私もなんだかイメージ湧いてきました。ちょっとしたお庭に屋根付きの井戸、そして窓を大きく開けると何人かで座れるような縁側。今私は、子供の頃に親に連れて行ってもらった田舎の親戚のお家を想像しています(^^)。
私もいつかは松崎で・・・、なんて夢はいつも見ています。
ブタネコさんの希望が叶えられたら、大量の桜葉餅を差し入れに持ってきますので、ぜひお邪魔させてください(^^)。

でもこの辺だとネット環境はちょっと心配ですね。「ブタネコのトラウマ」はずっと続けていって欲しいです。

投稿: roadrace | 2006年4月13日 (木) 03時16分

roadraceさん

温かい御言葉ありがとうございます。^^

北海道の住宅では「縁側」は無理(無駄)の為、縁側のある家…というのは 物凄く憧れです。

で、縁側には それなりの庭が欲しい。

(スイカを食べながら 種を飛ばせるぐらいは…です。)

汲み上げポンプは 北海道にもありましたが、今や 見つける事が困難^^; 松崎は海沿いだから この希望は難しいかな…とも思ってますが、美味いコーヒーは井戸水…なんて こだわりが私には^^; 平屋で瓦屋根… これも北海道では今や無理、天気の良い昼下がりを屋根の上で過ごすのが道産子の夢…なんてね^^;

roadraceさんとは楽しい話が出来そうだと 物凄く楽しみです^^

投稿: ブタネコ | 2006年4月13日 (木) 05時28分

こんにちは。
大沢温泉ホテルは私も憧れの場所でした。
タレント写真集の撮影などにも利用されています。
囲炉裏端さんに案内されて特別に見学させていただきました。
通常は宿泊するしか中に入る方法はないと思われます。
roadraceさんも次回はぜひ^^

ところで「新しい風」私は未見ですが、
上から4番目の画像は黄金崎ではないと思います。
私のHPでも黄金崎から見た富士山の写真を載せていますが、黄金崎からだと手前に恋人岬が大きくせり出しており、富士と海の間をさえぎっています。
http://izusketch2.fc2web.com/page296.html
よってここは土肥の八木沢地区から小下田地区の山の中だと推測されます。

投稿: Taku | 2006年4月13日 (木) 13時38分

●ブタネコさん
北海道って建物の構造が違いますよね。
最初に訪れたとき、何に驚いたかというと、サッシが二重になっていたこと。アパートとかに暖房が標準装備になってることでした(^^)。北海道の人にとってはそれが標準であっても、部外者からすると、冬の雪も含めて大変だなあと感じます。雪はたまに降るから嬉しいんです(^^;。

ブタネコさんの憧れへのイメージ、そしてこだわり、とても明確ですね(^^)。だからもうすぐにでも実現しそうな勢いがありますよね。さすがです。

スイカがお好きでしたら、引っ越し祝いは地元熊本の植木スイカをお取り寄せ致します(^^)(夏限定!)。

●Takuさん
囲炉裏端さん、いろんな所に顔パスで連れて行ってくれそうです(^^)。でもあそこは宿泊してのんびり贅沢してみたいですね。

Takuさんの黄金崎の写真拝見させて頂きました。
確かに恋人岬が完全に手前に見えてきますから、あの映画の画面とは違いますね。サクちゃん家近辺の可能性が高いということで、今、地図を見ながらなるほどなあと納得しています(^^;)。

探し出す楽しみが出来ました。余裕が出来たら探索してみようと思います。
ありがとうございました(^^)/

投稿: roadrace | 2006年4月14日 (金) 01時18分

roadraceさん こんばんは!
コメント&TBありがとうございました(v^-^)Thanks♪
こちらからもTBさせて頂きます。
大沢温泉ホテルは最初あまり興味がなかったのですが、
囲炉裏端さんのブログで依田勉三を知り、roadraceさんのブログでも知ることが出来て、
また、先日の訪問ではラッキーにも囲炉裏端さんの案内で中に入れることができて、改めて本当によかったなって思っています。
棚田も素朴な風景に癒されました。田舎という言葉で表現するには語弊がありますが、
普段私の生活している環境では見ることができない風景なので
本当に感激しました。単純ですが、水車の建物に妙に心惹かれました(^^;)
PS:写真や記事の追加ありがとうございますm(_ _)m

投稿: Nob | 2006年6月30日 (金) 03時29分

roadraceさん 今気がついたのですが、TBが重複してしまいました(^^;)
ごめんなさいm(_ _)m ひとつ削除して下さい。

投稿: Nob | 2006年6月30日 (金) 06時04分

おはようございます

松崎に行った際に 彫刻ライン(?)で いくつかの海岸・港によってみました 
石部だったか 忘れましたが 農家で本物のペンギンを飼ってるところがありましたよ^^

映画の海を見下ろす場面 やはりセカを思い出しちゃいますね

位置関係がよくわからないんですが
道の駅から 大沢温泉は 歩いていける距離なんですか?
あの道の駅で 桜そばを食べました^^
天皇・皇后来訪の写真も店内にありましたので
ここは 歴史的にも 有名な場所なのかも?

このお題の過去コメントにブタネコさんとのやりとりがありましたが
ずっと 更新ないので 本当に心配です
はやく 元気になってもらいたいものです・・・。

投稿: 虎馬 | 2006年6月30日 (金) 06時39分

Nobさん。こんにちわ。(^-^)

大沢温泉ホテル素敵だったでしょう?
夜も静かで露天風呂から見える星もきれいですよ
今度、一度泊まりましょう。(^-^)

虎馬さん。みんにちわ。

道の駅から川沿いに歩いてすぐですよ。
裏の神社から、じいちゃんが朔に自転車を教えていた河原を通るとなかなか素敵ですよ。(^-^)

投稿: はーちゃん | 2006年6月30日 (金) 14時10分

●Nobさん
以前、Takuさんが囲炉裏端さんの案内で中に入らせてもらったと言う話を聞いて、いいなあとうらやましく思っていました。今回自然な流れ?で囲炉裏端さんが中の見学を取り次いでくれてとても感謝しています。歴史を感じさせる古風な建物はとても味がありますし、写真を撮っていてもとても絵になります(^^)。
今回の松崎の旅で、この新しい風のロケ地がほぼ検証し終えたことも私にとっては嬉しいことでした(^^)。Nobさんの記事を見て、あっ、急いで更新しなきゃ!と思った次第です(^^)。TBありがとうございます、一つは削除しておきましたm(_ _)m。

●虎馬さん
えっ?ペンギンを飼っているところがありましたか?ほんとうですか(^^)。うらやましい(^^)。
富士見彫刻ラインの海岸線はかなり曲がりくねっていてドライバーはゆっくりと景色を見る暇がないのがネックです。

道の駅のすぐ裏側に3人組がお百度参りしようとした大沢山神社、そしてその川沿いを上流側に歩いていくと大沢温泉ホテルに行けます。ちょっとした散歩気分ですぐに行ける距離ですね(^^)。実は私はこの道の駅ではのんびりしたことがないのです。いつかは食事と温泉で利用したいと思っているのですが。「頭の中の消しゴム」でもここは何回かつかわれていましたね。

ブタネコさん・・・、もう半月も更新がないんですよね。私の憶測ではご病気のせいかなと思ってはいるのですが、心配ですよね・・・。松崎でのんびりと笑顔で過ごしているブタネコさんのお姿を拝見したいです(^^)。

●はーちゃん
大沢温泉の露天風呂・・・、いいなあ(^^)。私も泊まってみたいです。あの川沿いをのんびりと散歩したのも初めてでしたが、あじさいも咲いていて、なかなか良かったです(^^)。

投稿: roadrace | 2006年7月 1日 (土) 00時51分

roadraceさん おはようございます!
横スレ失礼しますね~
>はーちゃん
大沢温泉ホテルに泊まってみたいのはもちろんですが、いかんせん高すぎます(^^;)
他の宿なら2回泊まれます。はーちゃん お金持ちだから今度ご招待して下さいな^^
ね、roadraceさん そうしてもらいましょう(^o^)v

投稿: Nob | 2006年7月 1日 (土) 08時19分

では次の宿泊はここで決まりですね。
あ、うちは2人分お願いします(^^;。

投稿: roadrace | 2006年7月 1日 (土) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/9532480

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「新しい風」:

» 松崎巡りⅢ~VOL.5 棚田篇~ [気まぐれ気ままなブログ]
2日目の17日、松崎町石部地区にある棚田へ向かいました。ここはセカチューとは全然関係ないのですが、VOL.3の囲炉裏端さんの記事で紹介した「依田勉三」の映画「新しい風 若き日の依田勉三」のロケ地のひとつです。roadraceさんのブログで... [続きを読む]

受信: 2006年6月30日 (金) 03時17分

« 5度目の松崎 4 | トップページ | 5度目の松崎 5 »