« 朝日の輝き | トップページ | 松崎のアジサイ »

2006年6月12日 (月)

青いソラ

雲ひとつない空とはよく言いますが、空をよく探すと少しはポツッとあるものです(^^)。

劇中で亜紀は「青い空が見たい」と言います。
青い空とはいっても空気中のコンディションによってその青さは様々です。
でも亜紀が見たいと言った青い空、とはいったい何だったのでしょう。

もっと生きたいという希望だったかもしれません。
最後にやり遂げたかった「意地」かもしれません。

いつの日かはウルルの青空をこの目で見てみたいとも思います。

写真を撮る時は、そんなことなんてほとんど考えないのですが(^^;。
あらためてゆっくりと見ているといろいろと思いが巡ります。

Pict3057s

太陽を入れたのでそれほどソラは青く写りません。
でもこの時の朝日のまぶしさは、それは美しいものでした。
ちなみにこれは東伊豆、片瀬白田の海岸です。

Pict3194s

松崎の少し南寄りです。場所ははっきりとおぼえていません。
海と空の青さがとても美しい海岸線でした。

Pict4382s

青いですね(^^)。この時はほとんど雲が見あたりませんでした。

Pict5782s

写真は時々嘘をつきます。肉眼では感じられなかった色が写っていることがあるのです。フィルムやCCDは人間の目とは違う仕組みなので当たり前といえばそうなのです。
でもそれも写真の面白いところでもあります。

あ、この写真が現実とかけ離れているという意味ではありません(^^;。

|

« 朝日の輝き | トップページ | 松崎のアジサイ »

ソラノウタ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

takuさんのブログのコメント欄で 
roadraceさんと フロント・ローポジションを形成出来
なぜか満足・・・^^

抜けるような青空・・・
ポカリのスカイメッセージを思い出しました

亜紀の最期のアイディンティティとなった
ウルルの青い「ソラ」

その年にオーストラリアまで行きながら 何も知らず
ゴールドコーストでゴルフ三昧してしまった おバカな自分

・・・泣いてるんじゃありません
roadraceさんが撮られた青空が
眼に沁みた ただそれだけです^^  

投稿: 虎馬 | 2006年6月12日 (月) 03時54分

roadraceさん おはようございます。
写真を見る前にroadraceさんのメッセージにやられちゃいました^^

すごい・・・本当にすごいです。
空の写真がこんなに心に染みてくるなんて考えたこともなかったです。
ただただ感激しています。どうもありがとう。

投稿: Nob | 2006年6月12日 (月) 05時21分

透きとおるような青空とはこのことを言うのでしょうね。

真っ青な青い空に吸い込まれそうです。(^-^)
やはりカメラ技術とセンスの違いですかね。わたしにはこんなに素晴らしい写真は写せませんね。(,,-_-)・・・。

もうすぐこの青空が見られますね。(^-^)
あっ、でも、雨かも知れませんね。(T_T)
とにかく、待ち遠しいです。(^-^)

投稿: はーちゃん | 2006年6月12日 (月) 12時58分

●虎馬さん
偶然、ワンツーでしたね(^^)。

はるかちゃんの夏のポカリのCM、さわやかでしたよね。
夏の日差しの青い空の下、海に飛び込むあのCM、最高でした。スカイメッセージ、私は残念ながら自分の目で見ることが出来なかったのです。

梅雨空が続くここ最近、こんな青いソラはなかなか見ることが出来ません。だからこそ、7月~8月の夏のソラがまぶしく見えるのでしょう。そのころにはまた行きたくなるんです、たぶん(^^;。

●Nobさん
ありがとうございます(^^)。

一人でじっくりと松崎の写真を見ていると、どうしてもドラマの情景を思い出してくるんです。でも最近はかなり落ち着いた気分で見れるようになった気がします。

松崎のソラが今度はどんな表情を見せてくれるのか?
それも、松崎に行くひとつの楽しみです(^^)。

●はーちゃん
どんな景色を見ることが出来るのか?これも偶然の出会いがありますから旅の楽しみでもありますね(^^)。天気ばっかりはどうにもコントロール出来ないですから。今回は・・・、ちょっと青空は望めそうもありません。そうだとしたら私のせいです。私をいじめてください(^^;。
でも雨露に濡れたあじさいも見てみたいです。

投稿: roadrace | 2006年6月13日 (火) 08時17分

多分2枚目の写真は伊浜ですね
夕日が丘という展望台から撮られたのではないでしょうか?

写真は時々嘘をつきます、という言葉に考えさせられました。
私が思うに、写真のほうが真実で、人間の記憶のほうが曖昧でそのときの心象によって変わっていくのだと思います。
真赤な夕日を撮って、写真の出来があまり赤く写ってなくてがっかりしたことはありませんか?
心に残った色のことを記憶色といいます。
私は写真をいかに自分の記憶色に近づけるか、ということを常に念頭において撮影しています。

投稿: Taku | 2006年6月14日 (水) 21時04分

Takuさん、さすがですね~(^^)。
伊浜ですね。メモメモ
私が想像していた場所よりもかなり南側でした。

それにしてもTakuさんのお言葉、重みがあります。
なるほど、そういう考え方もアリだと思います。
記憶に残った景色と色って日がたつとどんどん美化されます。写真に取り忘れた場所なんてなおさらです(^^;。

ただ、私は記憶力が悪いので、写真を手がかりにその時、肉眼で見た景色をようやく思い出すことが出来ます。思い出せないとフラストレーションがたまるので、写真を撮りまくるのです(^^;。
今は、デジタルで取った写真の色や明暗がすぐ確認できるので、露出を修正しながら取り直して自分が見た印象に近い写真を残せているような気がします。

投稿: roadrace | 2006年6月15日 (木) 00時50分

Nobさんのページ見たら 松崎から投稿してたから
こちらにも来てみました^^
お天気悪そうですが アジサイの丘から落ちないようにね^^;
あぁ~あ・・・また 行きたくなっちゃった・・・(´・ω・`)

投稿: taku | 2006年6月16日 (金) 13時12分

takuさん、こんばんは。
今松崎伊東園ホテルからアクセスしています。

アジサイの丘、足元がかなりぬかるんでいて少し危なかったです。でもアジサイの美しさに感動しました。ほんとにきれいでした。この景色をずっと見たかったんです。

天候は回復して、今日はほとんど雨が降らなくてよかったです。

投稿: roadrace | 2006年6月16日 (金) 21時18分

こんばんは

みなさん ノート持参ですか?
こんなリアルに情報受けられるなんて
便利な世の中になりましたね・・・
かなり おやじの意見です^^

私 明日 誕生日です^^
あじさいの季節に生まれてたんですね

もうひとつ
私の本名を聞けば 松崎繋がりにびっくりするかも^^

いつか 新しい 白ヘルメとブラック・スカブーに
白のハイゼットかシルバーのストリームがクラクションを鳴らせば それが私です^^

たばこの吸い過ぎに 気をつけて^^

よい旅を・・・

投稿: 虎馬 | 2006年6月16日 (金) 22時44分

虎馬さん、お誕生日おめでとうございます(^^)。
美しい松崎の景色を帰り次第、またこのブログで贈らせていただきます。とりあえずは昨日撮ったアジサイの写真、ノートに転送した画像を携帯で撮って、私のボーダーフォンで投稿してみました。確認してみたらかなり画像汚いです(^^;。

お近くに住んでいらっしゃるのですが、やはりここ松崎でお会いできると嬉しいですね。

今日、ここ松崎は薄曇りといった感じで、時折陽が差し込んできます。もう少し、この貴重な時間を楽しんできたいと思います。

温かいお言葉ありがとうございます(^^)。

投稿: roadrace | 2006年6月17日 (土) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/10488719

この記事へのトラックバック一覧です: 青いソラ:

« 朝日の輝き | トップページ | 松崎のアジサイ »