« 牛原山から見た松崎 | トップページ | 堂ヶ島付近 »

2006年5月 1日 (月)

防波堤からの眺め

一瞬のカットです(^^)。1枚目は牛原山からの眺めのシーンのすぐ後、
2枚目はほとんど最後の方に流れるカットです。

En02 En16

いや~、廣瀬亜紀のセーラー服姿、いいなあ(^^)。
2枚目の振り返るしぐさがまたいいです。

Pict2898a

昨年の8月撮影分です。天候もこの時は曇りであまりすっきりしない空模様ですが、このエンディングを8mmで撮影した時も、見た感じは同じように見えます。

Pict2905a

いい感じで漁船が入ってきました(^^)。Pict3255a

これは昨年の9月の撮影分です。山肌に夕陽の光がかすかに当たって少し色づいています。

Pict5658a これが最新の3月撮影分です。まだ夜明け前なので、海岸線沿いに小さな明かりがちらほら見えます。

|

« 牛原山から見た松崎 | トップページ | 堂ヶ島付近 »

ENDING」カテゴリの記事

コメント

セーラー服の廣瀬亜紀、本当に可愛く、でも切ないですね
最近また「セカチュー」見てるんですが廣瀬亜紀がはるかちゃんに見えなくなってきました
なぜだろう???

最後の写真は「セカチュー」の後半を思い出させる感じですね(ToT)/~~~

投稿: io | 2006年5月 1日 (月) 11時33分

roadraceさん いきなり亜紀のセーラー服姿を載せないで下さい(^^;)
仕事に戻れなくなります!おもいっきり反則だあ~!!
でも、いつ見ても可愛い!マジ可愛い!!すごく可愛い!!!
もうダメポ・・・「亜紀~っ!」壊れますw

この間の松崎ではビデオばかり撮っていて、セカチュースポットの写真をあまり撮ってきませんでした。
それだけが心残りです。紫陽花の咲く頃にまた行けるといいのですが。
roadraceさん 行きますか?

投稿: Nob | 2006年5月 1日 (月) 16時05分

●ioさん
物語の結末を考えてしまうと、ついつい悲しい切ない気持ちになってしまいます。それでも、だからこそ、病気に倒れる前の亜紀の姿が輝いて見えるような気がします。

はるかちゃんは年頃の女の子ですから。
このドラマの当時と比べると少しずつ雰囲気も変わってきていますよね(^^)。

●Nobさん
あ、またNobさんの崩壊スイッチを押してしまった(^^;。
自分で記事にしておいてなんですが、このシーンの亜紀、というかこのドラマの亜紀ってほんとにかわいいですよね(^^)。こんなかわいい娘、今までどこにいたの?って思うくらいです。このドラマ自体にも「奇跡」ですが、はるかちゃんの廣瀬亜紀にもかなり「奇跡的」なものを感じてしまいます。

松崎はまだまだ行き足りません(^^;。
5月も6月も私はいつもいつも行きたい病です。
でも5月はまず無理そうです。6月こそは・・・。
またご一緒できたら是非お願いしたいです(^^)。

投稿: roadrace | 2006年5月 2日 (火) 00時59分

roadraceさん 嬉しいなあ~
>はるかちゃんの廣瀬亜紀にもかなり「奇跡的」なものを感じてしまいます。
まさにその通りですよね。
実際自分たちがいつまでもこのドラマに嵌っているのは、
廣瀬亜紀が実在しているように錯覚しているからなんですよね。
敢えて錯覚という言葉を使いましたが、綾瀬はるか=廣瀬亜紀なんだけど、
それを肯定してしまうと・・・う~んやっぱりはるかちゃんに失礼だからかな。
でも、ずっと大切にしておきたいですよね。
朔と亜紀のドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』

>5月も6月も私はいつもいつも行きたい病です。
気持ちは同じで~す。でもなあ 仕事が・・・稼がないと生活できないし、6月の紫陽花の咲く頃には行きたいですよね~

投稿: Nob | 2006年5月 2日 (火) 02時39分

はるかちゃんのセーラー服姿は本当に可愛いですね。(^-^)この笑顔が後に続く、悲劇の始まりとは思えませんね。また「セカチュー」を見始めました。悲しくもありうれしくもあり複雑な気持ちですね。(,,-_-)・・・。

今月の半ばに松崎に行くかもしれません。(^-^)
行けなくてもアジサイの季節には必ず行きます。松崎でお会いしましょう。(^-^)

投稿: はーちゃん | 2006年5月 2日 (火) 08時10分

●Nobさん
そ、そうなんです。とてもリアルでしたね。
朔と亜紀の存在が、そしてそのドラマが、もうホントに起きている事のように感じていました。2人の演技はとても自然で、かつ生々しいものだったと思います。
錯覚させるようなドラマの作り、そして役者達の力のなせる技だと思います。この時の2人はまさに朔と亜紀とイコール。そう思っています。全然失礼じゃないと思いますよ(^^)。ほんとにこのドラマは宝物のような存在です。

6月に行きたい、という気持ちは同じですね(^^)。

●はーちゃん
こうしてあらためてこのドラマを見ていると、白夜行の時とはやはり印象が違いますね(^^)。もちろん季節の違いもありますが。今のはるかちゃん、やはり確実に大人になっていると思います。ドラマ以外のしゃべりはあいかわらずで、それはそれで嬉しいですが(^^;。

私もなかなか予定が立てられない状況が続いていますが、いつか突然行けるようになることもあるので、そんなときにたまたま一緒に行ければいいですね(^^)。

投稿: roadrace | 2006年5月 2日 (火) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/9839612

この記事へのトラックバック一覧です: 防波堤からの眺め:

« 牛原山から見た松崎 | トップページ | 堂ヶ島付近 »