« 堂ヶ島付近 | トップページ | 浜丁橋~ときわ大橋 »

2006年5月 5日 (金)

松本家

お次はサクちゃん家でおなじみの松本家です。
ここは本当に松本さんという方のお家です(^^)。
ちょうどクレジットは「綾瀬はるか」と出るあたりですね。

En04 Pict3643a

映っている範囲は違いますが、ここからの映像はドラマ本編でも流れています。
一番手前に見える屋根部分が松本家ですから、その向こうに見える家並みも見覚えのあるものばかりです(^^)。
映像もそうですが、写真にもかすかに海が見えています。木々の生え方もドラマの時とほとんど変わっていなかったのが嬉しかったです。

                                                       

En05 Pict3634a

左に見えるのが松本家です。私は最初に来た時、この松本家に気がつかずにどんどんこの道を上に登って、「あれ、間違ったかな?」と一瞬思いましたが、でもこの路地はあのエンディングのものに間違いないと感じたものです。
この石垣のある路地の雰囲気、なんとなく海が近い感じも醸し出していてとても好きです(^^)。

|

« 堂ヶ島付近 | トップページ | 浜丁橋~ときわ大橋 »

ENDING」カテゴリの記事

コメント

ここは、本当に見過ごしそうな場所ですよね。(^-^)

最初に行った時は、Nobさんやせとくぼくんさんがいたのですぐに解りましたね。でも、一人ではちょっと難しいかも・・・。(,,-_-)・・・。

こんな何の変哲もない普通の民家が、わたしたちを虜にするのですから、あのドラマのすごさをあらためて感じます。(^-^)

投稿: はーちゃん | 2006年5月 5日 (金) 13時25分

ほんと、私達(こちらに来てらっしゃる方々)の
このドラマに対する思いと言ったら無敵ですよね~
私も松本家に行きましたが、あまりたいした事前準備もせず
地図上で土肥の街中を過ぎたあたり・・ぐらいにしか自分も
覚えていませんでした。
ところがギッちょん!(うあぁ~古っε=( ̄。 ̄;A フゥ…)
明け方の太陽が出ていないR136でしたが「この路地かな?」で
見事的中(*'ー'*)♪ 
我ながらチョット恐ろしくなりました・・

投稿: ふなむし | 2006年5月 5日 (金) 17時12分

ふなむしくんさん。(^-^)

良かったですね~!!
ここは本当に解りにくいですね。(^-^)

>ところがギッちょん!(うあぁ~古っε=( ̄。 ̄;A フゥ…)

これ本当に古い。(,,-_-)・・・。
知っている人はあまりいないのでは・・・。(T_T)
もちろんわたしも知りません・・・。(,,-_-)・・・。

投稿: はーちゃん | 2006年5月 5日 (金) 19時21分

●はーちゃん
一応、kawaraさんのサイトで下調べはしていたのですが、特に看板があるわけではないし、特徴のある景色でもないので、分かりづらいところがあります。

でもあれだけドラマを穴が空くくらい見続けていると、何かピーンとくるものがありました。

●ふなむしさん
ぎっちょん(^^)。
そう、だいたいの場所は分かっていたので、よく景色を見ながらスピードを落として走っていたら、あれ、ここかな?と少し過ぎた所で車を止めて、歩いて戻ってみたら正解でした(^^)。国道側からの映像はドラマにはなかったのに、何となくですが分かりますよね(^^)。私たちにとってはもうオーラがここからは出ているのかもしれません。

実のところをいうと、kawaraさんのサイトにはカーブの何個目を曲がって・・・、車はここが駐め易い・・・等々詳しく書かれていたおかげなんです(^^;。

投稿: roadrace | 2006年5月 5日 (金) 22時44分

朔ちゃんの家は去年最初に訪問したセカチュースポットでした!
いきなりドラマの世界へタイムスリップしたかのようなあの瞬間の感激は忘れられません。
本当に朔がそのまま出てきそうな雰囲気が漂っていて嬉しかったのをよく覚えています。

投稿: Nob | 2006年5月 6日 (土) 01時24分

私も初松崎の時に最初に訪ねたセカチュースポットでした
Nobさんと一緒でいきなりドラマの世界へ入り込んだような感覚と、とてつもない感動を覚えました
ウルウルしてしまい嫁も一緒だったのでカメラで涙目を隠すように写真ばっか撮っていました

ふなむしくんさん、こんにちは
言われてますね
でもあのおじーさんは「ところがギッちょん!」この言葉がなつかしくてたまらないんですよ(|||≧q≦|||)/ぎゃはは

投稿: io | 2006年5月 6日 (土) 10時36分

roadreceさん おはようございます。

&スカブー納車 おめでとうございます^^
精悍なシルエットなので
黒(奥様)は正解だと思いますよ。
ただ 雨上がりとか ポツポツと白いほこりがつきやすいんですよね^^

レースの写真 すばらしいですね!
というよりroadreceさんはプロですよね?

さて松崎・・・行ってよかった。(泣き)

沼津ICから ドラマの記憶を縫うように いくつものトンネルと いくつもの橋を潜り抜け たどり着いた松崎は 
あたりまえのように自然に私(達)を迎えてくれました。

明け方の松崎港には すでに数人の朔が・・・
というより釣り人がたくさんいましたね。
浜辺にはジェットスキーのみなさん。
堤防でしばらく亜紀を思い描いた後 「梶虎」さんの渡り廊下を抜け 宿泊旅館を確認し あじさいの丘へ・・・

しかし 頂上(?)付近のPに止めると かみさんも息子も
爆睡中・・・目と目が合った義母の後を追うわけにも ましてや「そのまんまでいいよ・・・」というわけにもいかず
擬似ドラマは断念(大泣き)

その後 宿泊案内所でセカロケMAPをもらい 各スポットへ

写真を撮るたびにroadreceさんのセンスやもちろんですが
写真技術を痛感しました。
つまり素人では イメージ通り撮れないんです(がっくり)

しかし 西伊豆はいいですね!
「this is 西伊豆」
地震が多いので「ぐらっと伊豆」(盗作)
・・・コピー作ってみました^^;

自ブログでもないのに 長々とすみません
また おじゃまします。

投稿: 虎馬 | 2006年5月 6日 (土) 11時40分

いつもながら、撮影の完璧さにはほれぼれします。
どちらがキャプ画か、デジカメ画像かわからないですよね。

朔ちゃんちは電車族の私には、バスを途中下車しなくてはいけないので、
とても立ち寄れるところではなく、1回目の時には行けなかったのですが、
2回目にNobさん、はーちゃんと行ったときに車に乗せてもらって、
ようやく行けたところでした。もちろんロケ地マップをしっかり下調べして・・。
現地に着いたときはドラマの中にスリップしたようで、感動しました。
あの庭に亜紀が立っているような錯覚に・・・
(Nobさんはいきなりの感動でウルウルしてました・・・バラシチャッタ)

>ところがギッちょん!→これっおやじギャグに、使わしてもらおっと、

投稿: せとくぼ | 2006年5月 6日 (土) 12時38分

●Nobさん
まさにタイムスリップ、という言葉はピッタリかもしれません。見るもの何もかもがドラマの時と同じで、なんだか時間が止まっているような錯覚に陥りました。庭の感じなどはかなり違うはずなのに、やはりあのドラマのロケ地として一番最初に見てしまった感動、というのも大きいですよね。それこそ、ドラマが好きになってそのロケ地に旅行に行ったなんてこと自体が初めての経験でしたから(^^)。

●ioさん
この時の感動、私もなかなか言い表せません。そう、あのドラマの世界に入り込んでしまったような気持ちになりました。ウルウルまではしませんでしたが(^^;、必要以上にそこにとどまってとにかくたくさん写真を撮ったことを覚えています。

●虎馬さん
お帰りなさいませ(^^)/。ご無事で何よりです。

「俺千葉」見てくれたんですね(^^;。ありがとうございます。今、この黒のスカブーで松崎デビューをたくらんでいます。レース写真までお褒めいただき恐縮です。ただの下手の横好きなんです(^^;。

松崎、良かったでしょう(^^)。私も最初に行った去年の8月を思い出しています。その時、初めての松崎の様々な景色に、あっという間に魅了されてしまいました。もう寝るのがもったいないくらいでした。宿泊はどちらだったのですか?
明け方に到着したということは、夜中から走っていたのですね。GW中ですから伊豆はお昼は混みそうですもんね。でもそれでは奥様の爆睡もしょうがないかと(^^;。疑似ドラマ体験は次回までお預けですね。
私はkawaraさんが作成されたロケ地ガイドマップと現地に置いてある松崎町作成のマップの2本立てで、紙に穴が開くくらい見つめながら巡りました。それぞれのスポットであーでもないこーでもないと自分で考えながら写真を撮るので、かなりの時間がかかり、付き合う方も大変みたいです(^^;。

「ディスイズ、ニシイズ」韻を踏んでいてなかなかいいですね(^^)。
「ぐらっと伊豆」はちょっと怖くてシャレにならないかもしれません(^^;。

長文でのご報告、ありがとうございます(^^)。
松崎のお話はやはり楽しいです。またのコメントお待ちしております。

●せとくぼさん
いやあ、ありがとうございます(^^)。そういって頂けると嬉しいです。
改めてこうして冷静に路地の写真を見てみると石垣に同じ形のものがあるのが見えて嬉々としております。奥の赤いポストが印象的です。

ここだけ単独のロケ地なので、車でないと寄りにくいです。でも不幸中の幸いか、ここってすぐの場所にバス停があるんですよね(^^)。ロケ地巡りの方で、バスとタクシー、電車を使って伊豆のほとんどのロケ地を巡ってしまうすごい話をあるサイトで見たことがあります。東伊豆のロケ地も含めて一泊二日で行くすごいスケジュールです。

そうですか、Nobさん、泣いてしまったのですね(^^)。ioさんもそうらしいですし、やはりみなさんのこのドラマに対する思いはすごいですね!

投稿: roadrace | 2006年5月 7日 (日) 00時35分

虎馬さん、お帰りなさい
レポおもしろいですね~
>擬似ドラマは断念(大泣き)
>「ぐらっと伊豆」(盗作)
思わず笑っちゃいました(|||≧q≦|||)/ぎゃはは
もっといろいろなことを
聞きたくなっちゃいました(*⌒ー⌒)b

投稿: io | 2006年5月 7日 (日) 12時13分

虎馬さん 改めてよろしくお願いします。
松崎の記事 楽しく読ませて頂きました(笑)
自分も去年の12月に初めて行った時に同じように感激しました!
本当に素晴らしいところですよね。
紫陽花の咲く頃に再度訊ねたいと思っていますが、実現するかどうか・・・微妙です(^^;)

投稿: Nob | 2006年5月 8日 (月) 08時00分

Nobさん 乙です &お誕生日おめでとうございます^^

roadreceさんや みなさんのblogや やりとりに後押しされて
思い切って松崎に行って 本当によかった!

私 1987年9月結婚し 新婚旅行は当時はやりのオーストラリアだったんです^^
オプションでエアーズロックもあったんですが・・・
安かったんでゴルフ三昧しちゃいました(泣き)
まさか17年後に こんな神ドラマがあるなんて・・・

Nobさんは はーちゃんさんとセッションなさってるんですね? 「We are all alone」私も昔コピーしましたよ^^
ハードロック→プログレ→フュージョンのくちですか?

roadreceさん すみません・・・ 
勝手に 通信欄に使っちゃいました^^;

投稿: 虎馬 | 2006年5月 8日 (月) 16時55分

虎馬さん、全然OKですよ(^^)。

1987年って、あれ、確かドラマの設定されている年ですよね?そんな時にオーストラリアに新婚旅行・・。偶然ですねえ。
私も松崎に行こうと思ったのはSnowさんのブログの掲示板が一番のきっかけでした。ほんとにネットでの交流、情報交換の力を感じます。

私もNobさんとはーちゃんのセッションを聞いてみたいです(^^)。

投稿: roadrace | 2006年5月 8日 (月) 22時02分

虎馬さん ちょっと誤解されています(笑)
はーちゃんとセッションできれば最高ですが、私のギターのレベルはとてもはーちゃんのレベルとは程遠いです(^^ゞ
私のブログで紹介しているのは、はーちゃんの独演です。
聞いていた音楽は幅広かったですが、どちらかというと私はフォーク世代です。
でも、洋楽もかなり聴いていましたよ(笑)

PS:roadraceさん 関係ない話題でごめんなさい。

投稿: Nob | 2006年5月 9日 (火) 09時12分

いえいえ、音楽の話題は私も好きです(^^)。
ただ、演奏する才能は皆無なので・・・。

中学生の頃から初めて買ってもらったミニコンポでFMを聞きまくっていました。聞きまくっていたといってもそのころの熊本は民放FMなんてものはなく、NHKのFM一局のみでしたが(^^;。
番組表を見ながら、好きな曲がかかるのを待ってカセットに必死に録音していました。カセットはもちろん大好きだったTDKです。だからセカチュウに出てくるTDKのカセットがとてもなくかしくもあり嬉しかったです。

投稿: roadrace | 2006年5月10日 (水) 00時52分

みなさん、ど~もです。
ギッちょんふなむしです・・(はーちゃん!どーもです(ーー;).。)

>カセットはもちろん大好きだったTDKです。
そうですよね、あの頃発売されていたカセットの中ではTDKが
デザイン的にも私も一番お気に入りでした~
そう言えば皆さん!「せか中」DVDはお持ちでしょうか?
「やぼな事いうね~おまえさん」的な質問ですかね・・ (-人-)スマソ
そのDVDに特典として付いていた亜紀と朔のテープがあったと
思いますが(下半分が水色ラベル)あのデザインって昔のSONYのテープですよね?(ウォークマンを使ってましたもんね~)
ほんと、細部までこだわっていて感動したのを覚えています。

投稿: ふなむし | 2006年5月10日 (水) 14時58分

ぎっちょんさん、こんばんは(^^;。

AD,AR,SA.MA,そして末尾に着く「X」と当時のバリエーションを思い出しています。まだもう少しあるのでしょうがもう思い出せない(^^;。
セカチュウのDVD-BOXの初回特典のテープ、いい出来でした。しかも昔のSONYのデザイン風でなんとも言えません(^^)。BHFとかAHFとかを思い出しちゃいます。

谷田部先生が亜紀に買ってきたカセットテープ、たしかTDKのSA-Xだったと思うのですが、パッケージもかぶっていましたし、どこで入手してきたんだろうと今でも不思議に思っています(^^)。

投稿: roadrace | 2006年5月11日 (木) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/9907024

この記事へのトラックバック一覧です: 松本家:

» 世界の中心で、愛をさけぶ! [綾瀬はるか大好き!!]
あなたは大事な人を失った経験はありますか?あなたなら亜紀ちゃんにどんな言葉をかけてあげることが出来ますか? [続きを読む]

受信: 2006年5月18日 (木) 06時45分

« 堂ヶ島付近 | トップページ | 浜丁橋~ときわ大橋 »