« 4度目の松崎 3 | トップページ | 4度目の松崎 5 »

2006年3月29日 (水)

4度目の松崎 4

今回の松崎、ホントは泊まりで行くつもりだったんです・・・。
恨めしい仕事のおかげで楽しい日帰りと相成りました。

ま、日帰りだろうと、泊まりだろうといつも松崎に行く時は夜中に出発する私です。
松崎に限らず特に都心の渋滞を回避するためにも
夜の内に首都高を通過したいのがその理由です。

また松崎では特に見たい風景があってそのためにも
朝になる前に到着しておきたい気持ちがあります。

とは言え本当はみなさんと一緒にドライブを楽しみたかったのも本音で、
一人日帰りとなったため、ドライブも必然的に寂しい一人きりとなってしまいました・・・。

Pict5635a

あと、私はいつの日かオートバイで松崎へ行きたい!という夢があり、
ただ、千葉から伊豆へ行くには一般的には首都高を通らねばならず
タンデムでは通れない首都高を回避して行くルートを開拓しておきたい
という思いもありました。
と、言うわけで今回は千葉から湾岸線に入り、羽田の手前から横浜線に入り、
そのまま横浜新道に抜けて・・・・、この辺で車のナビが道を間違えてしまい、
訳が分からなくなって、東名の横浜町田まで遠回りすることに。
結局いつもの厚木から小田原厚木道路に乗り、箱根新道を抜けて、
その後は1号線を三島まで下ります。
この時、三島の夜景が見えてくるのですが、これがとてもきれいなんです(^^)。
残念ながら車を止める適当な場所がなかなかないので写真を撮っていないのですが
ちょっとオススメです。

夜の1時頃に出発して、上の写真、大久保に着いたのが4時45分ですから、
まあ、ルートが高速一本ではないことを考えるとまあまあ速い方だと思います。
特に横浜で道に迷ったあたりはかなり緊張感があって眠気防止には
とても効果がありました。

サクちゃん家はいつも夜中です(^^;。たまには昼間に来たいと思います。

Pict5638a

松崎バスセンターにちょっと寄り道したあと、まずは浜丁橋に来ました(^^)。
ああ、久しぶりの松崎です。とうとう来たよ~と叫びたい気持ちです。
ちょうどこの頃5時半ぐらい。だいぶ日が昇るのも早くなってきました。

松崎港とその堤防に立ち寄った後は、もうお約束の場所へ。

Pict5664a

夜明け前の松崎です。牛原山へとやってきました。
今日は晴れの予報ですが、今のところ雲が多いです。

川にかかる橋にはまだ明かりが灯って見えます。
しかし堂ヶ島の向こう、アルプスの山並みでしょうか。
もう朝日に照らされているようで、少し明るく見えます。

Pict5676a

う~ん、ちょっと雲が多すぎ・・・。
でもいい色に染まっています。
夜明けの空と景色はみるみる内に変わっていくのでとても楽しいのです。

Pict5691a

今回はいつもレースでしか使っていない400mmを持ってきたので
いろいろとアップで写してみました。
松崎港から見た赤灯台とはちょっと違う印象です。

Pict5692a

南アルプスと思われる山並みがもう朝日を浴びています。
海の向こうの平地さえも、すでに夜が明けて陽の光を
受けているようにも見えます。
松崎は伊豆の西側ですから夜明けも少し遅いのでしょうか。

Pict5694a

夜明けが遅いのは雲のせいもあるようです。その雲の隙間から
わずかに明かりがもれはじめました。
この写真、ちょっと「白夜行」っぽくなりました(^^;。

|

« 4度目の松崎 3 | トップページ | 4度目の松崎 5 »

4度目の松崎」カテゴリの記事

コメント

roadraceさん こんばんは!
本当にいつもながら素晴らしい写真ですね~
夜明け前の松崎も素敵ですね~
牛原山から写真は何だか亜紀が亡くなった時のことが思い出され、見ていてジーンときました(^^ゞ
roadraceさんが松崎に着いた頃、私とはーちゃんが出発した時刻のようです。
今度は是非一緒に行って泊まりましょう!
素晴らしい写真をありがとうございます!

投稿: Nob | 2006年3月29日 (水) 03時08分

Nobさん、ありがとうございます。
ほんとにいろいろありがとうございます(^^)。

夜明け前はステキですよ。
ドラマにも牛原山だけでなく松崎の町中でも
ロケはありましたから、早朝の散歩もなかなか
風情があっていいものです。

ただ亜紀が亡くなった瞬間のあの薄暗い映像は
思い出すと少し悲しくなります。

まだまだこの時間は眠気にもおそわれず元気でした(^^;。

投稿: roadrace | 2006年3月29日 (水) 03時51分

夜が明けようとしている松崎の町を始めて見ました。
大抵、この時間帯は酔っ払って寝てますので・・・。(,,-_-)・・・。

もう少し天気が良ければもっと素敵な写真になっていたと思いますね。それにしても幻想的できれいですね。(^-^)

次回は、一緒にお酒を飲みましょう。(^-^)

投稿: はーちゃん | 2006年3月29日 (水) 12時58分

>夜の内に首都高を通過したいのがその理由です。
 私達 千葉、茨城組は必然的にそうなってしまいますよね~
 そうそう(´ー`) 朔ちゃん家も必ず早朝4時ぐらいなので
 暗くてよく見えないし。。。
 でも、松崎へ向かう真夜中のドライブはなんとも言えない
 わくわく感があります。
 私の場合は高速一本で沼津ICまで行ってしまいましたが
 土肥峠あたりでの、こうこうと光る満月の月明かりに照ら
 された夜道はとても幻想的で忘れる事が出来ません。 

>三島の夜景が見えてくるのですが、これがとてもきれいなんです(^^)。
今度は別ルートを通ってroadraceさんが見られた景色を
私も見たいと思います(=´▽`=)

投稿: ふなむしくん | 2006年3月29日 (水) 13時35分

私は日中の写真しかないのでこちらの写真はとても興味深いです
やはり400mmですか?いい絵が撮れますね!

私もこんど松崎への夜のドライブチャレンジしてみたいと思います
赤灯台の写真とても「セカチュー」を思い出されました(ToT)/~~~

投稿: io | 2006年3月29日 (水) 21時34分

●はーちゃん
お酒、少しだけなら(^^;。

私も朝は大の苦手なんですが、遊びに来たときだけは別です(^^;。
仕事じゃないとなると、スッと起きれるので現金な体です。

午後はよく晴れてポカポカしてきたぐらいなので良かったのですが、
朝はまだまだ雲が多かったです。天気だけは巡り合わせですから
いたしかたありません。それでも太陽がこの後ちゃんと出てきて
くれたので嬉しかったです(^^)。

●ふなむしさん
朝夕のラッシュの首都高はほんとにウンザリなのでよほどのことが
ない限り避けるようにしています。長距離の時なんかは仮眠をとって
までも時間をずらします(^^;。
土肥峠で私も月を見ましたよ(^^)。その日はちょうど仕事帰りの16号で
東から登ったばっかりの月に出会いまして、松崎へのドライブの間
私にずっと付き合っていてくれました(^^;。

時間的なことを考えれば東名で沼津まで行くのが一番なんですよね。
ただ夜中の高速はほんとに味気ないので時間と体力に余裕があれば、
別ルートもおすすめです(^^)。

●ioさん
この400mmは私の宝物なんです。こいつがあるからミノルタとは
離れられないんです(^^;。
松崎、そう頻繁に行けるところではありませんから、少しでも
滞在時間を長く、少しでも多く空気を感じるためには
朝駆けもいいもんですよ(^^)。

投稿: roadrace | 2006年3月30日 (木) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/9306467

この記事へのトラックバック一覧です: 4度目の松崎 4:

« 4度目の松崎 3 | トップページ | 4度目の松崎 5 »