« 石段のある道 | トップページ | 松崎マリーナへ行く道 »

2006年1月10日 (火)

石段のある道

3-28 「じゃあね」とアキは言って
いつものように駆け足で走り去ります。
この活発な感じがまたアキの魅力です。

PICT3229a どうです、この石段のディティール。
立てかけられた木の棒や草木の感じなど、
当たり前ですが1年前とほとんど変わっていません(^^;。

PICT2640a (1月12日追記)
この上の写真がないかな~と探してみましたが残念ながらありませんでした。代わりに上から下を見下ろしたものがありましたので代わりに載せてみました。
石段の足下がかなり悪いのがよく分かります。

|

« 石段のある道 | トップページ | 松崎マリーナへ行く道 »

第3話」カテゴリの記事

コメント

初めて書き込みをさせていただきます。サクリンと申します。以前この場所に行ったのですが、足が悪いため登れませんでした。すぐ上には道路があるのですが、ガードレールが続いており切れ目がありません。いったいこの階段の先には何があるのですか。ぶしつけで申し訳ありませんが登られた方教えてください。

投稿: サクリン | 2006年1月10日 (火) 06時48分

たしか、ガードレールまでだと思いますけど。
ガッカリした覚えがあります。

投稿: 山都 | 2006年1月10日 (火) 18時12分

三都さん。有難うございます。胸のモヤモヤが晴れました。雰囲気的にはお墓でも在りそうですね。

投稿: サクリン | 2006年1月10日 (火) 21時36分

サクリンさん、はじめまして(^^)。
ここの石段はかなり登りにくいですね。私も降りるときはかなり恐かったです。
この階段の先には国道136号が通っていてそこに出ることが出来ます。ガードレールの切れ目は確かになかったかもしれません。でも国道をまたぐように斜めにさらに小さな道がつながっていたような記憶があるんです。その先に何があるのかは確かめなかったのですが、次の機会にはそれを確かめてきたいと思います。自分でも気になってきました(^^)。

投稿: roadrace | 2006年1月11日 (水) 00時52分

ROADRACEさん、お初にお目にかかります!!
このサイトは以前より見させていただいておりますが、気になっていた石段が出てきたので思わず書き込みました。小生サクリンというよりはデブリンと言ったほうが合う中年男です。ドラマ、映画が話題になっていたころは、見向きもしていませんでしたが
昨年の亜紀、もとい秋に何の気なしにつけたTVで再放送、しかも第1話の雨の中、弔辞を読む場面を見てしまい、大きな沼に嵌ってしまいました。よって年食った新米小僧です。今後ともよろしくお願いいたします。とは言え沼に嵌った後、9月に1回、10月に2回、11月に2回と事ある度に松崎を訪れています。今ではロケ地というだけでなく、松崎そのものが好きで心の洗濯に今後も訪問する予定です。屋根のキャリアに自転車を横乗せしている名古屋ナンバーの白い車を見かけたら、声でもかけてあげてください。 長文、乱筆にて失礼します。

投稿: サクリン | 2006年1月11日 (水) 08時26分

サクリンさん。はじめまして、はーちゃんです。

この坂道の続きはROADRACEさんが言われるように国道をまたいで、少し続いています。恐らく、わたしたちを赤灯台に渡してくれた高木さんの仕事場方向へ向いていると思われますが、たぶん繋がっていないと思います。

それにしても、たった三ヶ月で五回も松崎に行かれたのですか? すごいですね。感心いたします。本当に松崎が好きなのですね。

わたしもはるかちゃんファンではありますが、大の松崎ファンでもあります。同じ松崎ファンであり、中年男でもあり、共通点が多いですね。これからも仲良くさせてください。よろしくお願いいたします。

投稿: はーちゃん | 2006年1月11日 (水) 12時14分

サクリンさん、
そんな、いきなりデブリンといわれても(^^;。
一応、サクリンさんということで呼ばせて頂きます(^^)。

私も第1話を見るときは、ヒロインの子がなんとなくかわいいかな、という程度で見始めました。でもその時はここまではまってしまうとは夢にも思いませんでした。2話、3話とさらにじわじわと来た感じです。
中年の方、多いですよ(^^)。私もご多分にもれず中年です。名前に中年と付く方もいらっしゃいますし、・・・。
しかし、もう松崎に五回も行ってらっしゃるとは。すごすぎます(^^)。やはり松崎には説明できない何らかの魔力があるのかもしれません。「心の洗濯」いい言葉ですねえ(^^;。本当にそれが出来そうな場所です。

いつか松崎でお会いできたらいいですね。


はーちゃん、

やはり赤灯台に行く道を探すのにあの辺を散策されてますね(^^)。私の記憶にも間違いがなくて良かったです。
でもはーちゃんを初め、一度ならず何度も足を運ぶ人がほんとに多いですよね。
松崎に行きたい、良かった、また行きたいなんて声を聞くたびに自分のことのように嬉しくなります(^^)。


※石段の上から見下ろした写真を記事に追加しました

投稿: roadrace | 2006年1月12日 (木) 12時43分

デブリンもといサクリンです。今DVDレコーダーのスイッチが入りました。ついに白夜行始まりましたね。セカチューは再放送でしたが今回は皆さんと同じ時間を共有できることをうれしく思います。
牛原山から撮影した写真を拡大して見直すと、例の階段が意外と入り口に近く、すぐ上に道路が通っていることが分かりびっくりしました。確かに道の山側にも道らしきものが写っています。今度こそ確かめなくては。松崎には毎回行き方を変え、電車+バス、電車+フェリー+バス、車+フェリー+車で訪問しましたが、最近はもっぱら車+フェリーで行っています。主要カ所はいきましたので、5回目は、コロッケパンを買い牛原山の芝生の上で食べた後、昼寝し、堤防の横で長いすを広げトンビの声を聞きながら読書をし、夕日をみて涙ぐみ、茶房で夕飯を食べ、豊崎ホテルで寝るという贅沢?な時間を過ごしていました。次回は、3本ある牛原山への登山道の制覇、および赤堤防に行くけもの道を見つけましたので降りてみたいと思います。でも両方とも前の台風で崩れたままかもしれませんね。おっと長文になりすぎすみません。ドラマに没頭しなければ・・・ではこのへんで

投稿: サクリン | 2006年1月12日 (木) 21時26分

初回スペシャル見終わりました。
内容が濃すぎて、もうおなかいっぱいです(^^)。
期待を裏切らないすばらしい出来だったと思います。

私も今、牛原山から撮った写真を見返しましたが、この部分を大きく撮ったものはなく全然分かりませんでした。でもサクリンさんの写真には道らしきものが写っていたのですね。よかった、合ってて(^^)。

フェリーで行く旅行もいいですよね。私も大好きです。
私の最長距離の船旅は川崎→宮崎です。
船で伊豆に着くのも風情があっていいなあ(^^)。

ただ、この時期は山道の雪が心配です。私の車は雪はアウトなので、チェーン規制がかかると海岸線ルートしか通れないんです。冬タイヤを履けばいいんですが、なかなかそこまで予算が回りません(^^;。

赤灯台へのけもの道、かなり危険な香りがします。
行くときは十分気をつけてくださいね。

投稿: roadrace | 2006年1月13日 (金) 01時10分

みなさんこんばんは~

突然で申し訳ありませんが石段を登ってすぐの所に
何か奉ってありませんでしたでしょうか~
自分もここの上には何があるのか気になって
確認したような気が・・・

サクリンさん 初めましてふなむしと申します~
こちらに来てらっしゃる方達 皆さん暖かい方ばかりですので
Web上でも多少は「心の洗濯・・」出きると思いますよ~

投稿: ふなむしくん | 2006年1月14日 (土) 23時07分

ふなむしさん、確かにそんな気がします。
というか、国道の向こうには何か小さな鳥居が見えたような見えなかったような・・・(^_^;)
かなり記憶が曖昧なんですが。

>Web上でも多少は「心の洗濯・・」出きると思いますよ~

私もみなさんのコメントにたくさんいやされています(^^)。

投稿: roadrace | 2006年1月15日 (日) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/8089384

この記事へのトラックバック一覧です: 石段のある道:

« 石段のある道 | トップページ | 松崎マリーナへ行く道 »