« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

瀬崎神社

4-2 サクが谷田部先生とどこかに行ってしまい、明希と一樹とおとうさんが釣りから帰るシーンです。ちょうどマリーナ付近から見える景色です。

PICT2627a この写真はちょっと左に寄ってます。左奥に見える黄色の建物がおそらく豊崎ホテルだったと思います。ioさんオススメの宿ですし、次回は私もここにしようと思っています。お好み焼きも忘れずに。

PICT4347a (1月30日追記)
色温度を変えてみたので、ちょっと夕方っぽくなってます。
天気がいいのと、神社の木々が少なくなっているせいで「つぐみ」の旅館の屋根の赤さが際立っています。
右側の船は3枚とも寸分違わぬ場所に泊まっていますね。

  9/10 0:29

| | コメント (13) | トラックバック (0)

松崎海岸

4-1 松崎海岸です。サクの使い込んだ感のある自転車です。これって高校生の時に使った自転車そのものですよね。17年前の自転車ですよね。本当ならいくらなんでももっとサビだらけで、乗れたもんじゃないような気がするのは私だけでしょうか。

PICT3463a (1月30日追記)
この映像の同じ場所、なぜか撮るの忘れてました。私が写したこの写真はたぶんホテルの前あたりかな。実際の映像はもっと松崎港寄りと思われます。

 9/10 0:19

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

松崎マリーナ付近

3-41  ちょうどカメラがクレーンで上に持ち上げられて、ナレーションが現代のサクに変化していくシーンです。

3-42

PICT2945a この写真でみると赤い屋根の手前に映像で見える納屋のような建物がなくなっていることが分かります。ちょうど対岸から見た倉庫の外観がかなり変わっていた様に、少し1年という月日を感じました。

PICT3219a  (1月28日追記)
ここのシーンは超広角で撮られている上にクレーンで持ち上がっちゃうのでちょっとマネできません。

でももう少し味のある写真を撮ってみたいと思うので、また松崎に行くときはしつこくここに通うことになると思います。

PICT4336a マリーナへ行く道の全景です。ちょうどこれは1話でサクちゃんがアキに呼び止められたシーンのために撮った10月の写真です。1話の更新の時に上げるのを忘れてました。
この時は澄み切った青空がとてもきれいでした。

9/5 22:54

| | コメント (6) | トラックバック (0)

松崎マリーナ付近

3-38 こんな優しい表情、いままで見たことがありません。このシーンを見て、それまではそのかわいさ中心にノックアウトされていたのですが、その女優としてのすごさを認識させられました。あらためて見るとそう思います。

PICT2632a この写真はマリーナの行き止まりの位置から撮っています。だからちょうどアキの左に例の床屋さんが映っていますが、後ろの山影が少しずれてますね。

PICT3213a  (1月28日追記)
9月に行ったときは初日の夕方、ここでの撮影にかなりの時間を費やしました。撮影ポイント、レンズの焦点距離等いろいろ悩ましい点がたくさんありましたので。この写真もちょっと左が余分に写っていますが、山のシルエットなど、ほぼ映像に近い場所で撮れたのではないかと思います。

  9/5 22:23

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

松崎マリーナ付近

3-37 サクちゃんの視界にアキの手がはいって、振り返るとそこには優しく包み込むようなアキの姿が・・・。綾瀬はるかの美しさはもちろん、その映像の美しさは特筆物でした。もうため息が出るほど。

PICT2942a 映像の奥に見える山陰は確かに同じ物です。そうここで、あのシーンが撮られたんです。ほんとにジーンときました。

PICT4343a (1月24日追記)
10月撮影分です。
路面の見え方、左奥のマリーナの見える感じ、奥に見える山並み、
だいぶ映像に近づいてきた感じです。
右端に見えている船もやはり同じものに見えますね。

・・・ほんと、松崎行きたい・・・(^^;。
もう松崎欠乏症です・・・

9/5 10:09

| | コメント (10) | トラックバック (0)

松崎マリーナ付近

3-36 「サクちゃん?」

「ペダル・・・、ペダルって・・・、軽いんだよ」

もう説明の必要もないくらいセカチューの名場面です。この後のアキの「うん」という優しいうなずきには心をいやされます。

PICT2940a ちょっと画角が違いますが、アキの左に見える青い屋根の建物で、同じ場所だと分かります。

PICT3212a

(1月24日追記)
9月の夕方撮影です。以前にも言ったとおりここは夕方になると完全に日陰になってしまいます。でも対岸と牛原山には日が当たっていてとても美しいです。
上の写真よりは少し映像に近づきましたかね(^^;?

 9/15 22:01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松崎マリーナ付近

3-35 転んでしまったサクちゃんのもとへ慌てて駆け寄り
「サクちゃん?」と
声をかけたところです。

PICT4342a 右の船をよく見ると同じものが泊まっているようです。
写真を撮った日は10月の夏のような暑い午前中でした。そのまま撮ると全然違う色調になるので、カメラのホワイトバランスをいじってちょっと黄色い感じにしてみました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

大沢温泉近くの河原

3-33a おじいちゃんの呼びかけになんとかバランスを取って自転車をこぐサクちゃん。少しずつおじいちゃんに近づいて行きます。

PICT4028a お、これは木々の形もなんとなく一緒な感じ。写真はちょっと左が多めに写っていますが場所はここで間違いなさそうです。
ただしドラマの画像はもっと水面近い低い場所から撮られていますね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

大沢温泉近くの河原

3-33「サクーーーーーッ!!」

とにかく名場面です。このおじいちゃん、サイコーですね。かわいくて、優しくて、面白いキャラクターでした。

PICT2856a ちょうど逆からの写真ですが、おじいちゃんの左側に映っているのが、この小さな橋だと思います。第8話の現代のシーンでも使われていますね。

右下に小さくアヒルが写っています。このアヒルって誰かが飼っている?それとも住み着いているんでしょうか?近づいても、ナデナデしても逃げず鳴かず、とてもおとなしくかわいいアヒルでした(^^)。

PICT4022a (1月17日追記)
台風時の増水の影響で芝地の河原が大きく削られていました。ちょっと残念でしたが、上のアヒルには二ヶ月ぶりに無事遭遇できたので少し安心しました。

 

 9/1 22:45

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大沢温泉近くの河原

3-32 転んでも大丈夫なように草地で練習させているんでしょうが、あのバンソコウとケガだらけの足と手を見てるともう少し平らなところでやった方がいいんじゃない?なんてちょっと思えるシーンです。

PICT2855a 自転車に普通に乗れる人でもあの小さなタイヤでは絶対に乗りにくい場所だと実際に行って思いました。子役のサクちゃん、頑張ったなあ(^^)。
この写真は小さな橋の上から撮りました。たぶんこの辺かなあ・・・。

PICT4024a (1月17日追記)
10月撮影分です。河原から上流側を撮りました。方向と場所はだいたいあっていると思うのですが、河原の姿かたちが変わっていたので、いまいちはっきり分かりません。

どちらにせよ自転車に乗る練習をする場所ではないのは確かです(^^)。

  9/1 22:33

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

松崎マリーナへ行く道

3-30

「ペダルが軽かった・・・」と回想シーンに入るところです。この画面は下の写真でいうと一番左に見える小さな倉庫です。

PICT2803a

ドラマを見てると結構長い距離を走っているように見えるのですが、サクちゃんが転んだのは写真の右に切れたところのすぐの場所です。

P1050112a

(1月16日追記)
白夜行、初回が終わってから3日間。仕事をしつつも白夜行のことばかり考え、そして見続ける毎日を送っていました(^^;。もう5~6回見たかな・・・。

ここは石造りの立派な倉庫です。ここはさすがにドラマの時とほとんど変わっていません。

PICT2796a 松崎港から見たマリーナへ続く道、全景です。右側がマリーナになります。この写真は上から2番目の写真と同じ8月に撮ったものです。ちょっと雲が多いですが、ここからみる景色もほんとに美しいですね。

 8/31 1:02

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

松崎マリーナへ行く道

3-29a アキは何を感じたのでしょう?上りかけた石段で立ち止まり、再び降りてきて自転車で走り去るサクちゃんを見つめます。

PICT3227a 坂道の上は国道136号線で、左に見える橋が松崎橋です。この辺は全くドラマには出てきませんでしたね。

PICT2642a (1月12日追記)
松崎橋を撮った唯一の写真がありました(^^)。欄干の鳥の造形がなんともあいらしいです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

松崎マリーナへ行く道

3-29 この左にある物干し竿、まだ今年もありました(^^)。

この場所の手前左側に民家があるのですが、おそらくここら辺はその方の庭です(^^;。2日目に訪れた時は石段の下のところでごみを燃やされていました(oh,no!)

PICT3224a (1月11日追記)
なぜかこのカットは撮影していませんでした。多分ほかの写真とそれほど変わらないからでしょう。
この写真は、松崎橋を渡ってすぐに見える風景です。道の奥の対岸には瀬崎神社が少し見えています。

 

 

 

 

 

 

 

  8/31 0:51

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

石段のある道

3-28 「じゃあね」とアキは言って
いつものように駆け足で走り去ります。
この活発な感じがまたアキの魅力です。

PICT3229a どうです、この石段のディティール。
立てかけられた木の棒や草木の感じなど、
当たり前ですが1年前とほとんど変わっていません(^^;。

PICT2640a (1月12日追記)
この上の写真がないかな~と探してみましたが残念ながらありませんでした。代わりに上から下を見下ろしたものがありましたので代わりに載せてみました。
石段の足下がかなり悪いのがよく分かります。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

石段のある道

3-27 この森の中に入っていくような石段の道。なんて、趣のある景色でしょう。アキが登ったこの石段を自分で登ってみたのはいうまでもありません。

PICT2637a

結構ボロボロの石段なので、降りるときは少し怖いです。

PICT3230a (1月10日追記)
上の写真は8月、なんとなくの記憶を頼りに撮った写真で、左は9月、キャプチャした紙を見ながら撮った写真です。
・・・上の写真も割と正確に撮れてますね(^^;。立ち位置がほんのちょっと違うだけです。

この石段のある景色を最初に見た時はホントに感激しました。

  8/31 0:40

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

松崎マリーナへ行く道

3-26 このシーンも本当に美しいですね。少し逆光ぎみで海も白くキラキラと光っていい感じです。

PICT3228a (1月9日追記)
ちなみにこの写真を撮ったのは9月の夕方です。ここは夕方は完全に日陰になってしまいます。ドラマの情景、設定から夕方だと完全に思いこんでいたのですが、今日ドラマの映像をあらためて見ていて、日の差し方、陰の付き方を見ていると、これは夕方に撮られたものではないような感じです。(すみません、いつもつまんないことにこだわって(^^;)
やはり画面全体の色合いはドラマの見せ方によってコントロールされるものなのですね。

   8/31 0:33

| | コメント (11) | トラックバック (0)

松崎マリーナへ行く道

3-25正確にはマリーナから帰ってくる方向です。この道ってホントに狭いんですよ。行った人はみんな驚いていたようなので、どれぐらい狭いのかなと思ったら、ホントに車1台ギリギリでした。海に落ちないよう気をつけなければなりません。

PICT3226a (1月9日追記)
今日はちょうどTBSでここの再放送やってましたね(^^)。でもハイビジョンじゃなかったので少し残念です。
ちょうど向こう岸に停泊している船はおそらくドラマの時と同じものだと思います。こういうのを見つけると、少し嬉しくなります。

 8/30 1:13

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

月崎

3-21

これはカメラの位置が高いですから同角度からは無理です。駅舎の屋根が見えてます。位置的にはだいたいこの辺だと思います。もう9月ですから、この映像の緑の濃さを表現するのは厳しいのかもしれません。

PICT3783a

PICT5183a (1月3日追記)
12月撮影分です。新緑の頃と比べるとやはり冬らしく寂しさを感じさせます。線路の表面が光っていなければ廃線間違いなしといった感じです。

PICT5189a そうそう、昨日のTBSの午前中の番組でここの小湊鉄道が紹介されていました。この路線に里見八犬伝のゆかりの地がたくさんあるそうです。「里見駅」もあるらしいですね。

8/30 0:20

| | コメント (11) | トラックバック (0)

月崎

3-20 ここは松崎ではありません。千葉県です。

伊豆よりはずっと近いので、近々天気のいい日を狙って行く予定です。

PICT3759a なんとか予定を実行しました。ただ、日の差し方でかなり見え方が変わる場所ですね。朝の9時頃に撮ったのですが、ドラマはたぶん日の高い午後かと思われます。

PICT5186a (1月3日追記)
12月初め、養老渓谷の紅葉を見に行く帰りに月崎の様子も見てきちゃいました。

ちょっぴり紅葉した木々が季節を感じさせてくれます。

 

 

 

 

 

  

  8/30 0:18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松崎港

3-18 ほとんどプータロー状態のお父さん。夕日が似合いすぎです。このあと妻にいろいろとイヤミを言われます。

私にも松崎でこんなきれいな夕日を見れる時がくるんでしょうか?

PICT3242a (1月3日追記)
最初の8月は天気が悪くてこんな赤い夕日を見ることが出来なかったのですが、9月はきれいな夕日を見ることが出来ました。
もう少し雲があるとまた味のある夕日が拝めるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

   8/30 0:14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

謹賀新年!

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいいたします(^^)。

PICT2926a

私は大晦日は夜遅くまで、元旦も朝早くから仕事です・・・。

この記事は年が明けると自動的にアップされることになっています。
レコード大賞も生で見れないのです。
みなさんいかがでしたか?
私は元気が残っていれば今ぐらいから録画を見ているかもしれません。

明日からは早速里見八犬伝がありますし、その後も白夜行が控えていますから
1月は楽しくて忙しくなりそうです(^^)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »