« 松本写真館 | トップページ | 牛原山 »

2005年12月14日 (水)

廣瀬家への帰り道

2-12b おじいちゃん家で話しを聞いていたらいつの間にか夜になってしまったようです。

PICT4144a お地蔵さんと、外灯のある電柱はドラマのために設置したもののようです。

ホントは夜に行って撮ってみたいのですが、ちょっと中心部から離れているので難しいです。

|

« 松本写真館 | トップページ | 牛原山 »

第2話」カテゴリの記事

コメント

亜紀の家は、今回初めて行きました。あの時のシーンが鮮やかに頭の中に蘇りましたね。
やはり、お地蔵さんも外灯もありませんでしたね。ここは夜行くにはちょっと無理かも・・・。

投稿: はーちゃん | 2005年12月14日 (水) 10時02分

お地蔵さんが無かったのでちょっと寂しかったです
でもこの道へ入る所は分かりにくかったですね。

投稿: io | 2005年12月14日 (水) 11時30分

野中の一軒家じゃなかった、田んぼの中の数件のうちの一軒家だからね
夜ともなれば、山のほうから…なんてことは無いか
失礼しました

お地蔵さんくらいあればね、本当に!
道は、松崎高校を後にして、ゆっくり走りながら、左手を注意していると、「あった、あれだ」ってなことになる

このあたりの人は、車もだが、のんびり走っていても煽ったりしてこないからいいよ

投稿: セカチュウ症候群中年 | 2005年12月14日 (水) 21時57分

確かにここは気をつけて見ていないと通り過ぎてしまいそうになるのですが、いったんこの路地にはいると「ここだー!!」てな感じで感激してしまった場所でもあります。

夜行ったらたぶん外灯もほとんどなくて写真にもほとんど写らないような気がします。

でも夜の廣瀬家は一度訪れて写真撮ってみたいんですよね。それこそ本当の不審者になってしまいますが・・・。

投稿: roadrace | 2005年12月14日 (水) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/7611711

この記事へのトラックバック一覧です: 廣瀬家への帰り道:

« 松本写真館 | トップページ | 牛原山 »