« 松崎港防波堤 | トップページ | 片瀬白田駅 »

2005年11月 6日 (日)

松崎港防波堤

11-43 ここって2人で並んで歩くにはちょっとせまいと思います。途中で一瞬亜紀がよろけているのを私は見逃しませんでした(^^)。

PICT3252a

2人はあの時のように仲良く手をつないでどこかへ歩いて行きます。ホントに心温まるいいラストでした。トンビの鳴き声も良かったですねえ。

|

« 松崎港防波堤 | トップページ | 片瀬白田駅 »

最終話」カテゴリの記事

コメント

私はこの直前の、現代朔が立ち直るシーンで、私自身もAH病から正に、立ち直りかけていました。
・・・でもこの堤防のシーンで・・・
突然、亜紀が出てきてトントンプスをした瞬間、そして美しい夏空をバックにして立つ、神々しいまでに(本当に私には、女神に見えたw)美しい亜紀の姿を観た時に、
私の体内に残っていたAH病に対する抗体は、全て壊れ去りました。
そして、とめどなくこぼれ落ちる涙の中で、一生AH病は治らないと確信しましたw
あんなに美しく、かつ切ないシーンは、反則だぁ~w

投稿: goboten | 2005年11月 6日 (日) 10時56分

ようこそっ!
goboten さん
>一生AH病は治らないと確信しましたw
 ええ~ 治りませんよ~

(^○^)お!(^□^)め!(^◇^)で!(^▽^)と!(^・^)う!

投稿: ふなむしくん | 2005年11月 6日 (日) 15時35分

gobotenさん、ふなむしくんさんどうもです
gobotenさんのAH病も重症ですなぁ(^_^)
私ももちろんそうですけど、ね!ふなむしくんさん(*⌒ー⌒)b
roadraceさん
この防波堤ほんと狭いですよね(◎◎;)
海側のテトラの間に落っこちたらマジヤバイですよね。
最終話でしたっけ朔がスケちゃんにこの上で殴られ、朔が転倒するシーンなんてよく下に落ちなかったなと思います。
でもこの上に上ったときの気持ちはなんとも言えない感激でした。

投稿: io | 2005年11月 6日 (日) 17時28分

私も時々じゃない、ねんがら年中わからなくなる
「セカチュウ症候群」なんだか、AH病なんだか

でも、最近はそんなことは「まぁ、いいか」って感じ

「白夜行」見ても、また来年松崎へは行きたいなぁ、と思ってしまう

それはそれで、どなたも誰に迷惑掛ける訳じゃないし、いいんじゃないんですかねぇ

投稿: 中年 | 2005年11月 6日 (日) 21時09分

gobotenさん、ふなむしさん、ioさん、中年(あれ、中年(^^;?)さん、コメントありがとうございます(^^)。


私も「病気」という自覚はすでに持てていませんねえ。すでにこの状態が「普通」です(^^;。気持ちでは、いつもそばに綾瀬はるかがいます。世界の中心で、愛をさけぶという名作が心に刻み込まれたままです。出演者の方々が演じられた、制作者の方々が仕事をされた、そして映像を通して見せてくれた「松崎」という町に惚れ込んでしまいました。

ドラマの映像そのものというのはもちろん演出の方の意志が入るものだと思いますが、それでもやはりこのドラマのカメラマンの人、お名前は存じ上げませんがこの方の力量も、とてつもなく素晴らしいものだと思います。

それにしてもこのラストシーンは反則だー、と叫びたくなるくらい、美しく、とても素晴らしいものでした(^^)。お気持ち分かります。

ここのテトラポット、私は臆病なんで、かなり慎重に歩きました。結構怖いですよね。あのスケちゃんが殴るシーン、私も同じことを思いました。あんなに狭い場所なのに~って。
でもここ、ホントに特別な場所ですよね。


職場の歓迎会があってやっと自宅に帰ってきました。今日からは連休なので、ちょっとお出かけしてまいります(^^)。
はーちゃんさんも、今頃豊崎ホテルで幸せな眠りについてる頃ですね~(^^)。

投稿: roadrace | 2005年11月 7日 (月) 02時41分

わたしも見逃してはいませんよ。あの上は二人ではちょっと狭すぎますね。それにあの先は海です。また夢を潰すようなことを申しましてお許しください。でも、昨日も今日もあのトンビの鳴き声が頻繁に聞こえて思わず、このラストシーンを思い出していました。辛かったですよ。(T_T)

投稿: はーちゃん | 2005年11月 7日 (月) 17時04分

>私ももちろんそうですけど、ね!ふなむしくんさん(*⌒ー⌒)b
 んだ んだ ┌(*゜▽゜*)┘└(*^▽^*)┐

投稿: ふなむしくん | 2005年11月 7日 (月) 21時20分

そう、やっぱりそう思いますよね(^^)。あの歩いた先は最後の部分さらに細くなっていて、一人で歩くのさえ怖いくらいの狭さです。
トンビの鳴き声、侘びしさを感じさせます。でも普段聞くことができない声なので、ああまた松崎に来れたんだなあと感じる声でもあります。

投稿: roadrace | 2005年11月 9日 (水) 09時28分

失礼しました
「セカチュウ症候群」が取れちゃいました
治ったかな?と思いたいけど、何の事はない、重度のAH病に転移している様な自覚症状!

とにかく、ほんと狭いですよね、あの堤防!
本当は釣りとか出来ないように、わざと狭くしてあるような、二人で手をつないでなんて無理すぎるくらい

トンビの鳴き声は、山があり、海があるところは、ここに限らず、伊豆半島のほかのところでも、房総半島でも、いたるところで聞けるけど、ただ侘しさを感じさせるにはもってこいの情景ですねぇ。

投稿: セカチュウ症候群中年 | 2005年11月 9日 (水) 20時03分

やっぱり(^^)。治ったのかな?でも「中年」だけだと誰だか分かんないですもんね(^^;。

あの防波堤、危険だから登るなってちゃんと注意書きが書いてありますけど、たぶん誰も見てないですね。私は知ってても登ってますが(^^;。

あの松崎の防波堤、ソラがとても広いあの場所で波の音、船のエンジンの音が聞こえてくる中、トンビの鳴き声が耳に入るとなんともいやされる感じです。あ、なんだか書いていてまた行きたくなってきた・・・。

投稿: roadrace | 2005年11月10日 (木) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/6919824

この記事へのトラックバック一覧です: 松崎港防波堤:

« 松崎港防波堤 | トップページ | 片瀬白田駅 »