« 松崎港防波堤 | トップページ | 山口地区 »

2005年11月 5日 (土)

山口地区の田んぼの道

11-35 この3人乗り、みんな最高の笑顔でほほえましいですね~。しかもこの思い出の場所っていうのが泣ける~。

PICT4053a さすがに10月は稲刈り終わってました・・・。

|

« 松崎港防波堤 | トップページ | 山口地区 »

最終話」カテゴリの記事

コメント

亜紀も天国で笑って見ていることでしょう。これからの朔たちの幸せを暗示しているようなシーンですね。思わず、「良かったね。朔」と言いたくなります。

投稿: はーちゃん | 2005年11月 5日 (土) 08時05分

この場面、このドラマの中での嫌いなシーンのひとつです

緒方朔の演技のへたくそさが、このドラマの本放送の時に、気に障り見逃した経緯があり

いまもDVD見ても、緒方朔の場面は早送りしたくなる

山田朔と綾瀬亜紀の息のあった演技を見ると、特に山田朔の演技はそれこそ神がかり的なものに見えたので、なおさら

投稿: セカチュウ症候群中年 | 2005年11月 5日 (土) 18時40分

現代の朔太郎には笑顔のシーンはほとんどなかったですからねえ。亜紀にも見えてるといいですね。

セカチュウ症候群中年さん、キビシイなあ(^^;。
緒方直人の朔太郎、実は私も特に前半部分はどうもなじめなくて、現代のシーンはなくてもいいんじゃないかななんて思ったものですが、放映が終わってどんどん見込んでいくうちにだんだんなじめてきました(^^)。ま、元々二人の役者さんが好きだったのでひいき目もあるかもしれませんが。
でも確かに若い二人の芝居のすごさには、他のキャスト全員がくわれていたかもしれません。

投稿: roadrace | 2005年11月 6日 (日) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/6901725

この記事へのトラックバック一覧です: 山口地区の田んぼの道:

« 松崎港防波堤 | トップページ | 山口地区 »