« がんばれ!サクちゃん! | トップページ | 浮島 »

2005年11月 5日 (土)

須田薬局前

11-31 ようやく最終話のエンディングです。
ここまで来るとなんだかホッとしますね。

智世はひとりっ子だったのでしょうか?名前は変わっていましたが、自分の両親と同居しているんですね(^^)。

P1050077a しかも子供の名前が「亜紀」なんて。生まれ変わりというわけではないんでしょうが、なんか嬉しいエピソードです。一樹君も入学式の写真が出てきたし、年頃は同じ感じですね。

|

« がんばれ!サクちゃん! | トップページ | 浮島 »

最終話」カテゴリの記事

コメント

トモヨはスケちゃんと一緒になると思っていましたが、そんな単純なパターンではなかったようですね。でも、自分の子供に親友の名前を付けるなんて素敵ですね。

投稿: はーちゃん | 2005年11月 5日 (土) 07時53分

みなさんも気づいていらっしゃると思いますが
智世の左足の絆創膏・・ そしてしぶい色の靴下・・
最後まで細かい所までいきとどいてますよね~
そして、子供を呼ぶのも
あいかわらずの大きな声で「亜紀ぃ~」。。。。。
微笑ましいですよね~
でもやはりジン・・としちゃいます。

投稿: ふなむしくん | 2005年11月 5日 (土) 19時20分

スケちゃんは、船に自分の子供らしき子を乗せてましたね~。あの子って幼少時代の写真に写ってる子、そのままですよね(^^)、たぶん。

智世のばんそこう、気が付きませんでした(^^;。確かに靴下も地味ですね~。でもこれって何かを意味してるんですか?確かに智世は高校時代、飾らない性格で、よく転んでいましたね。そういう意味ですか(^^;?

投稿: roadrace | 2005年11月 5日 (土) 23時49分

私なりの解釈ですとやはり年月が経ち
智世も「歳をとった」・・
という事を表現したかったのではないでしょうか。。。
子供ができると、どうしても子供中心の
生活に変わってしまいます。
なりふりかまわず。。。これはしょうがない事です。

小奇麗なおかあさんもいいですが
私的には自分の事よりも子育てに一生懸命になっている
そのままのおかあさんの方が好きです。
そのままがいいよ・・  です。ヽ(´ー`)ノ

投稿: ふなむしくん | 2005年11月 6日 (日) 07時01分

なるほど、納得です(^^)。すみません、にぶくて(^^;。
あれこれ体裁を気にしたりしない、まっすぐな智世が好きだったんですよね、亜紀は。

投稿: roadrace | 2005年11月 7日 (月) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/6900808

この記事へのトラックバック一覧です: 須田薬局前:

« がんばれ!サクちゃん! | トップページ | 浮島 »