« 廣瀬家への帰り道 | トップページ | 松本家 »

2005年11月29日 (火)

松崎高校

1-21a ボウズの頼みで書いた作り事のハガキが見事採用され、ボウズは大喜びでしたが、サクちゃんは罪の意識か、アキの顔をまっすぐ見ることができません。
「松本君、話があるんだけど」
やっぱりアキは怒っていました。

PICT3383a 9月撮影分です。

|

« 廣瀬家への帰り道 | トップページ | 松本家 »

第1話」カテゴリの記事

コメント

恋を取るか友情を取るか・・・。朔は悩みます。結局、ボウズにばれて友情にひびが入るかと思いましたが、さすがに朔もボウズも長い付き合いです。お互いの気持ちを尊重し理解し合えたのですよね。うん。

投稿: はーちゃん | 2005年11月29日 (火) 11時52分

>恋を取るか友情を取るか・・・。朔は悩みます

若さゆえの悩み、と言っちゃたら
「おじさん」丸出しか

でも、森下さんの脚本の「素晴らしさ」の一端でもあるな

いいね、季節の移り変わりを表す、写真!

投稿: セカチュウ症候群中年 | 2005年11月29日 (火) 16時41分

結果的に友情をとったサクちゃん。アキへの想いを犠牲にしたのに、それなのに二人から怒られてしまったのですから
「おれがなにしたっつーんだよ」
いや~、若いってうらやましいですね(^^;。

投稿: roadrace | 2005年11月30日 (水) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/7371668

この記事へのトラックバック一覧です: 松崎高校:

« 廣瀬家への帰り道 | トップページ | 松本家 »