« 浜丁橋 | トップページ | たこやきパパさん跡 »

2005年11月26日 (土)

浜丁橋

1-17b 「一生のお願い」。よく連発する人もいますが、ボウズの場合なんだか真実味がありました。だからサクちゃんも断り切れなくて、葉書書くの一生懸命だったのでしょう。
結局このハガキの内容が第1話のキーアイテムでした。

PICT4371a 10月に撮影した分です。奥にはぎょきょうの建物の白い壁らしきものが見えます。ということはあの松の木は瀬崎神社にはえているものでしょうか。

|

« 浜丁橋 | トップページ | たこやきパパさん跡 »

第1話」カテゴリの記事

コメント

坊主の気持ちは十分に解ります。だって、わたしも亜紀が好きですもの。朔がうらやましいです。亜紀にあんなに想われて・・・。(,,-_-)・・・。

投稿: はーちゃん | 2005年11月26日 (土) 09時11分

いやいや、ものは考えようで、やはり自分をサクちゃんに置き換えて妄想するのが一番だと思います(^^)。そうすればホラ、もう夢気分です・・・。

投稿: roadrace | 2005年11月27日 (日) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/7319583

この記事へのトラックバック一覧です: 浜丁橋:

« 浜丁橋 | トップページ | たこやきパパさん跡 »