« 松崎港防波堤 | トップページ | 浜丁橋付近 »

2005年10月28日 (金)

駿河屋

9-10 「サクちゃん。・・・生きてるって、どういうことかな?死ぬって、・・・どういうことかな?たまに、生きてるのか死んでるのか、分からなくなる。・・・サクちゃん、サクちゃん。サクちゃん、私の声、・・・聞こえてるよね・・・。」

PICT3507a もう感想を言葉にするのがだんだん苦しくなってきますね。

映像はちょっとわかりにくいですが、右から左にサクちゃんが自転車をこいでいるシーンです。ときわ大橋のそばの駿河屋さんです。なまこ壁が美しい古い建物で、最終話でも画面右方向から映っています。

|

« 松崎港防波堤 | トップページ | 浜丁橋付近 »

第9話」カテゴリの記事

コメント

本当ですね。この頃になると、テープから流れる亜紀の声も弱弱しく聞くに堪えませんでした。きれいな風景とは裏腹に悲しい思いが続きますね。

投稿: はーちゃん | 2005年10月28日 (金) 08時11分

そうなんです。松崎を訪れて景色を眺めていると、楽しい気分だけには浸れない不思議な感覚におそわれます。

投稿: roadrace | 2005年10月29日 (土) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129878/6694578

この記事へのトラックバック一覧です: 駿河屋:

« 松崎港防波堤 | トップページ | 浜丁橋付近 »