2009年1月 1日 (木)

TERUMOの松崎 2

あけましておめでとうございますm(_ _)m。

Dsc05133a_2

去年は1月と6月に2度、松崎を訪れる事が出来ました。

が、本当はもっともっと行きたかったんです。

夏から秋にかけてもう一度・・・、と思ってはいたのですが、
結局叶わぬまま、記事の更新もろくに出来ずに
年明けとなってしまいました。

まあ、記事を作るといってもそれほどネタが残っている
訳ではありませんが(^^;。

前回の6月に検証した内容の中に
「テルモ」のCMがありまして、記事の準備だけは
していたのですが、完成させることもなく
眠らせておりました。

12月になってxfileさんから以前のテルモの記事に
コメントを頂いたのをきっかけに
早く記事を上げないと、と思っておりました(^^;。

テルモのCM

Teru01_r

Dsc04398p

城山です(^^;。
これもちょっと見る角度が違ってますね。

Teru02_r

Dsc04854p

建久寺のバス停です。
ユースホステルのすぐそばにあります。
これはほぼ完璧に撮れました(^^)。

Teru03_r

Dsc04600p

帰一寺の大木です。
これも撮っている時はなかなか納得できずに
こーでもない、あーでもないと試行錯誤していましたが、
こうしてじっくり比べてみるとほぼ合っているようです(^^)。

Teru04_r

Dsc04590p

こんな感じのローアングルは難しいです。
こういう時はコンデジかα300が欲しくなります。

Teru05_r

Dsc04887p

こんどカモメが飛んでいる時に撮ってきます(^^)。

Teru06_r

Dsc04914p

CMの映像には「30」の文字がありません。
確か世界の~ドラマでは「「30」の文字が映っていたような
気がするのですが、このCMはいつ頃の撮影なんでしょうか?

お花畑のシーンはまたいつの日か松崎を訪れて
撮ってみたいと思います(^^)。

と、言うわけで、次の更新はいつになるか分かりませんが、
今年も必ず松崎にまいりますので、
その時はどうぞよろしくお願いいたします(^^)。

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

バラビさん「2度目の松崎町」5

皆様、これは、六月に松崎町に行ったレポートではなく、
フィルムー写真だけ皆様に見せてあげたいです。

皆様は今回の写真はちょっと青味が多い気がするかもしれません。
それは富士ベルビアリバーセルフィルムーのくせかもしれません。
或いは私の技術が下手かもしれません。

カメラ機材:645、リバーセルフィルムー:RVP100F、スキャナー:9000ED
圧縮:8,000X6,000Pixels(TIFF)→ 1,024X768(JPEG)

                             

6月8日曇り

Image001

Image005

                            

6月9日雨、夕方曇り

Image007

Image008

Image012

                                  

6月10日晴れ
部屋のテラスから松崎港。

Image015

Image022

Image023

                             

牛原山からアジサイと松崎町。

Image031

Image040

                            

牛原山からアジサイと松崎高校。

Image032

Image041

                      

ポールとアジサイ

Image034

                       

これもアジサイかもしれません。

Image043

                   

これは、名前がちょっと分からない。

Image044

                           

牛原山展望台から松崎港。

Image047

                  

ホテルに戻って一日しか夕焼写真を撮影ありませんでした。

Image067

Image073

Image076

Image083

Image086

Image088

Image091

                     

私たちの松崎町に行ったレポートと写真は終わりました。
次回また松崎町に行く時皆様と会って欲しい。

Roadrace様、去年と今年に私の記事を掲載してくださって、
心から感謝いたしました!
色々面倒とご迷惑かけて本当に申し訳御座いませんでしたm(_ _)m。
皆様は私書いていた分かり難いのレポートを読んでくださって、
すみませんでした。有難う御座いました!

宜しくお願いします!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

バラビさん「2度目の松崎町」4

いよいよ今回「2度目の松崎町」レポートも最終回です。

第四日目
6月11日:今日は一番無駄でした。
一日ずっと雨でしたからどこへも行けませんでした。
けど、私たちは松崎町にふらふらしていた、明日は東京に戻る…

301

302

                    
                    

第五日目
6月12日:今日午後一時ごろホテルから新宿へ直行バスで東京に戻る。
今日も雨です…
でも、東京へ戻って晴れでした…

303

304

305

306

              
今回「2度目の松崎町」レポートの写真はあまりきれいに撮られなかった。
本当にすみませんでした。
フィルムーの写真は整理した後また皆様に見せます。
宜しくお願いいたします。

                 

後記:今回は松崎町に二度目です。
去年10月ごろに行けなかったロケ地に少し回りましたけど雨なので、
去年の方が楽しかったです。
悔しかったけど私たちはRoadrace様のウェブに
観光案内のお兄様とお姉様と「囲炉裏端」様とタクシーの運転様にお陰で、
心から感謝することを伝いたいです。
松崎高校の双獅祭参加できなかったけど
現地でアジサイを見られることになりましたから感動しました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

バラビさん「2度目の松崎町」3

第三日目
6月10日:朝起きで晴れです。
ホテルのロビーにあるパソコンで調べると晴れは今日しかない、明日も雨予報です。
朝ごはんを食べながら家内と話し合って、今日は牛原山と農協へ行くことを決めた。
時間がぎりぎりと思っていたから、移動はすべてタクシーを利用することが決まりました。

201

202

203

                   
朝十時ごろ牛原山に着いた、えっ~ なんどあの休憩亭は無くなりました。
周りはなんか作業があった。
休憩の場所もないから、機材はどこに置いていいかな… 
仕様がない、今日一日晴れしかないから、
時間もないし私たちは早速三脚を設置したりカメラを準備したりして写真を撮る始めた。
去年一本アジサイしか発見しなかった場所に今日沢山アジサイが咲いています。
キレ~イ

204

               
先ず、アジサイ、松崎高校、松崎港など景色を全部撮りました。

205

206

207

208

209

210

211

212

213

214_2

215

216

                          
次は展望台を登ってそこから写真を撮りました。

217

218

219

220

221

222

223

                   
大体十二時ごろタクシーを呼んで来て、直接農協へ向かって出発。
タクシーの運転さんに家内作った大きな地図を見せて農協へ出発始めた。

Map01

                  
農協に着いては、もう十二時半ごろでした。
そこに一時間の間に山口区共同精米所、木橋など写真を撮りました。

224

                
まず、木橋の写真を撮影します。

225_2

226

            
次は、幾つのシーンに出た木橋下の路。

227

            
次の写真はパルラマ合成写真です。

228_2

              
木橋と田んぼ。

229

                             
朔のお祖父さんはなくなった後、朔と亜紀は放課後一緒に歩いた所。

230

                            
朔は自転車でお祖父さんを乗せて骨を盗み行く走った場所。

231

              
「朔は無人島に行く日の朝、急いで走ったの路」

232

233

                               
朔のお祖父さんはなくなった後、朔と亜紀は放課後一緒に歩きながら話していた所。

234

                         
この写真は大体ドラマ同じ角度に撮った。
残念ながら松崎高校の制服なかったから、家内は便服のまま撮った。

235

                          
家内は自分の機材を持って、ドラマにある場景を探していたの様子。

236

                       
木橋下階段から撮影した3枚の写真。

237

238

239

                       
撮影を終了して、またタクシーを呼んで来てホテルに戻った。
少し休んで夕焼け写真を撮るために色々準備して始めた。
今日午後から雲がどんどん厚くなりましたので
結局太陽は水平線に沈むことはなかった。
でも昨日より良かったと思う。

240

241

242

243

 
                              
今日は沢山アジサイを見られました、とっても嬉しかったし、感動しました。
特に青のアジサイが私は大好きです。
今日の天気は本当によかった、「神様、有難う!」。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

バラビさん「2度目の松崎町」2

第二日目
6月9日:朝からずっと雨なので外へ出られなかった。

101

102

けど、私と家内と相談して 午後一時ごろ帰一寺へ決行でした。
ひどい雨あっでもタクシーを呼んでホテルから帰一寺へ出発した。

103

104

105

帰一寺に着いてタクシーの運転さんに頼んでそのまま待ってもらいました。
私たちは一人一本の傘を持って階段を登って寺に入った。
30分ぐらいの間に数枚のアジサイ写真を撮った。

Tn_kanai01_2

Tn_kanai02_2

Tn_barabi01

106

107

108

109

110

111

112

113

114

115

116

117

118

 

タクシーに戻って、次は「亜紀の家」だ。

「亜紀の家」は民家ですから分かりにくいと思う。
だから持っていた地図で運転さんに
『亜紀の家の位置が分かりますか』を尋ねました。

運転さん「うん… どこですか?」
私たち「あの、世界の中心で愛をさけぶ撮影していた民家けど…」
運転さん「あ~あ~、あの民家ですね、分かった」。

追伸:あの地図は日本でも発売されていません。
家内はインタネットからダウンロードして、
沢山時間で小さい一枚、一枚で合併したものです。
家内はこんな面倒くさい手作業をやって、私は本当に感激、感謝しています。
もう一枚の地図は次の記事で皆様に見せてあげます。

Map02

帰一寺からタクシーで3分間くらい路程だけで亜紀の家に着いた。
私たちはやっと来られましたからもちろん写真を撮った。
その上、周りの風景(亜紀の家の位置を分かりやすいために)を撮りました。

119

120

121

122

123

124

ひどい雨だから長く時間撮影できなかったので
早速タクシーに戻ってホテルに戻りました。

ホテルに戻った一時間後部屋のテラスから太陽の光少し見られました。
若しかして夕方に夕焼写真ができるだろう!

125

126_2

127

結局、雲が厚かったので太陽を見られませんでした。
でも日落の太陽光に染めた雲を撮りました。
夜、丁度寝る前にテラスから月を見つけました(雲も厚かった)。
一枚写真を撮って 寝る。

128_2

130

今日は帰一寺と亜紀の家へ行ったとっても嬉しいけど
雨なのにたくさん写真を撮られませんでした 今日も悔しかったです…

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

バラビさん「2度目の松崎町」1

皆様、バラビです。
今年六月に二度目松崎町に行きました。
去年と比べて今回は大変でした。
松崎町に毎日雨だったので綺麗な写真を撮られなかった、残念でした。。。

6月7日:日本へ出発の日に、朝五時ごろ家を出ました、ひどい雨でした。
空港への高速道路でタクシーから50メートル距離しか見られませんでしたが
良かったです。
(なんでよかったですか?一週間後家に帰って友達から私たち出発の日の
朝七時ごろ空港への高速道路で土砂崩れ発生ため通行止めとなりました。
と教えてもらいました)

飛行機は朝八時出発予定ですが結局昼十一時になりました
(私たちは三時間の間にずっと飛行機に座ったままでした)

朝の酷い雨だったので、新宿のホテルに着いてスーツケースを開けて、
中の着替用服は三分の一に濡れた。。。最悪だった、
仕様がない 部屋の冷房の温度を19度に設定して速く干しさせたいだ。
新宿に一泊泊まりました。

第一日目
6月8日:朝 松崎町そのホテルの直行バスで出発しました。
途中も雨でしたが伊東園ホテルに着いて晴れになりました。
早速チェックインして観光案内所へ行きました。

そこで「囲炉裏端」様と会いました、以前「囲炉裏端」様と
インタネットで二、三回文通をしましたが実は初対面でした。
「囲炉裏端」様はとっても優しい方です。
私たちにたまこ壁関することを教えていただきました、本当に感謝します。

001_2  

              

                                                           
「囲炉裏端」様と別れてホテルへ戻る、
途中「松崎造花店」にあるセカイチュウ撮影の写真をデジカメで撮りました。
PLフィルタを持ってなかったので綺麗に撮れれませんでした。

002

003

004

005

006

007

                         
たこ焼きパパさんも撮りたいですが、
えっ~どうしてたこ焼きパパさん無くなりましたか、急に寂しく感じがきました。

008

                       
あの街から牛原山の様子を撮ってホテルに戻った。

009

010

                     
                        
ホテルのロビーで今日の日落時間は六時四十五分を書いていた。
部屋に戻ってテラスから見ると雲が厚かった特に水平線の上にすごく厚かった。
この写真は午後四時ごろと五時ごろでした。

011

11a

                       
夕焼写真を撮られるかどうか分からなかった。
とにかく今回重装備を持って来てどうしても夕焼け写真を撮りたいです。
もちろんこの日夕焼け写真を撮られなかったです、とっても悔しかった。
この写真を見るとカメラを設定したまま一枚夕焼写真もなかったです。

012

013

                  
気分が落ちたまま、夕食を食べた、部屋に戻って、
夜もテラスから松崎港の月影を撮りたいですが雲が厚かったので全然駄目でした。

014

015

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

9度目の松崎 7

6月15日(日) 松崎4日目 (11時~17時)

いよいよ今回の松崎レポートも最終回です(^^;。
もう2ヶ月がたとうとしています・・・。

とうとう、この場所に来ることが出来ました。
直接見ることが叶いました。
あの場所、図書室です。
                     

Dsc05564p

特に学祭のイベント会場となるわけでもなく、
そこは静寂の中、まさに学校の図書室といった感じでした。
                     

01 第3話より

Dsc05569p

机の形や配置に違いこそあれ、
間違いなくアキがいた場所です。
                     

02 第3話より

Dsc05571p

外に見える眺めもまったく同じです(^^)。
                            

Dsc05579p

図書室のカウンターにはあのロミオとジュリエット。
そして寄贈されたドラマの台本が展示してありました。
これを見て、まさにこの図書室は今回
世界の中心で、愛をさけぶを見たファンのために
公開していただけたであろう事を感じ、
とても嬉しく感じました(^^)。

Dsc05586pp             

図書室で同じセカチュウファンの「3R」さんに出会いました(^^)。
私たちのブログを見てくださっているそうで、
この双獅祭だけのために日帰りで松崎に来られたそうです。
しかもバイクで、さらにバイクはスカブー・・・。
ちょっと聞き捨てなりません(^^;。

ただ者ではない3Rさん。
みんなでコロッケパンの話題をしていると、
あの第2話の投げ捨てられたコロッケパンを再現しようと
売店に走って買ってきてくれたのです(^^)。

Photo 第2話より

Dsc05592p

ふなむしさんのiPodに収録された映像を元に
忠実に再現されたサクとアキのコロッケパンです(^^)。
ちなみに私は撮っただけで何もしてません(^^;。

この件に関してはNobさんの6/17(火)の記事で
完璧に記述されています(^^)。
                               

3502_2 第2話より

350 第1話より

Dsc05597p

そのNobさんの記事でも熱く語られていますが、
やはりこの屋上から見た景色、
ドラマでも何度も映り、忘れる事なんて出来ません(^^)。

図書室の近くに書道を展示してある教室があって
Nobさんと一緒にここだと屋上からの眺めに
似てますよね~なんていいながら
2人で外の景色を撮ってました(^^;。

当たり前ですが、山の形はそのまんまです。
                             

Dsc05606p

この恋のロミジュリ、見たかった(^^)。
                           

Dsc05608p

ここの水道かどうかは分かりませんが、
あのぞうきんを絞るシーンを思い浮かべながら(^^)。
                        

Dsc05613p

もうどこに行っても感動します(^^;。
                        

Dsc05617p

もうこうして下から見上げるだけでも満足です。
まだまだいたかったような気もしますが、
なんとなくお帰りモードとなりました。
                     

Dsc05622p

松崎高校、本当にありがとう!

                   

Dsc05623p

3Rさんと校門を出てきくや食堂方面に歩いていきます。
そしてこのバイク・・・、なんて事でしょう。

私と同じスカブー、同じ黒、しかも新型のタイプMです。
リアトランク、小型ナビ、ETC、大型スクリーン、
私が思いつく、やってみたい改造が
全て完璧に施されたツーリングマシンです。

・・・、はっきり言ってよだれが出そうでした(^^;。
3Rさん、勝手に載せてごめんなさいm(_ _)m。
                     

Dsc05643p

まだ時間があるので、そのままの足で
木の橋に行くことになりました。
初めて訪れるだいちゃんはここでも
若さ爆発で走ります(^^)。
                       

Dsc05646p

ちょうど通りがかりにあるちょっとマニアックなこの場所。
サクちゃんが瓶を落とす田んぼにやってきました。
いや、私も無理にとは言わなかったのですが、
予想通り、みなさん微妙な反応でした(^^;。
                           
というわけで、これで本当に終わりです。
最後におみやげを買うために漁協の売店に立ち寄り
再びまつざき荘に戻って、みなさんとお別れです(T_T)。

この日はなんだかあっという間にこの時間になってしまい、
ちょっととまどいも隠せませんでしたが、
それぞれが車に分乗して帰路につきました。

シロクマさんはZにサクリンさんを。
私はなんと大阪だいさんを乗せて大阪まで。
ちょっと責任重大(^^;。
ホントに私の車でいいのかな~と思いつつも
ホントに帰る場所が近いので
来る時とは違い、楽しい帰路となりました(^^)。

Dsc05649p

ETCの夜間割引を使いたかったため、帰りは
0時過ぎに料金所を出ようと決めていました。
そんな私の都合もあったので、まだまだ時間があります(^^;。
と、いうことなので、通り道にあるロケ地に立ち寄ることに。

ロケ地といってもここはメイキング等に登場する
ポスター撮影地でもある宇久須の港です。

                               

V9040768p

そしてもう一カ所、伊豆長岡駅です。
DVDで予習した後、
だいちゃんも一生懸命写真を撮って
くれていました(^^)。

そんなこんなでいい時間になってきたので、
そろそろ三島に向かい、沼津のインターから高速に乗ります。

V9040770p

車も私たちも、お腹がぺこぺこでした(^^;。
レストランに入り、静岡らしさを感じるうな茶漬けを頂きます。
これがなかなかおいしかった(^^)。

その後は順調に高速をドライブ。
心配していた眠気もほとんど無く、仮眠の必要も無いまま、
だいちゃんとディープな会話をしながら
だいちゃんはそうでもなかったかもしれませんが、
私は車を楽しく走らせました(^^;。

時間調整をした後、新大阪に向かうため一番近いインターで降りようと
したのですが、私の古いナビがここで嘘をつきます(^^;。
結局遠回りをしてしまい、しかも雨が降ってきて
初めての道、嘘つきナビもあんまり信用できなくて
結構焦りました。
ちゃんと新大阪までだいちゃんを送り届けねば!と言う思いでした。
私と違いだいちゃんは明日仕事なんです。

私の都合でこんなに遅くなってしまって、
しかも新大阪にちゃんと着けるのか、私は不安を隠せません。

でもなんとか12時40分ぐらいだったでしょうか?
無事新大阪にたどり着きました。
ホッとしました(^^;。

                        

                           

今回の松崎、2日間は一人旅、そして残りの2日間はふれあいの旅。
こんなに充実した4日間はそうあるものではない事を改めて実感しています。

もちろん、妻の理解が今回の私の旅を支えてくれました。
まるまる4日以上家を空けていたので、
そりゃあもちろん、ちょっと気をつかいましたが(^^;。

松崎と言う場所そのものはもちろんですが、
今回出会った地元の方々、双獅祭を開催してくれた高校の方々にも
感謝したいです。
そして今回の旅でお供させて頂いたたくさんの方々。
こんなに楽しい気持ちで、松崎で新しい感動を味わう事が出来ました。

本当にありがとうございました(^^)。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

«9度目の松崎 6